1. まとめトップ

年金が少なすぎる!日本の家計が既に限界!月10万円で暮らす貧困家庭が急増中!下流老人の末路

庶民の間では「アベノミクス不況」という事になっていて、食料品の価格が高騰して、年金生活者の生活に大きなダメージを及ぼしています。下流老人と言われて、高齢者で貧困になる家庭が急増しています。

更新日: 2016年01月28日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2947 view
お気に入り追加

年金がとにかく安すぎる

両親合わせて、月に9万円ほどしかもらっていないことが発覚しました。(生活が苦しく払えなかった時期があるそうです)

国民健康保険だと月6万円しかもらえないと言っている方をよく聞きます。今から増えるのは難しい

国民年金は、自営業向けの生活補助

国民年金(老齢基礎年金)が生活保護よりも支給額が低い理由は、国民年金が「自営業向けの収入補助」という性格

自営業などで国民年金にしか加入していなかったりすると、夫婦合わせても月の年金受給額は13万円ほどにしかなりません。

※非正規社員も自営業同様、リタイアは許されないことになる。これは年金制度の欠陥だろう。

家計に占める食料品の割合が上昇中!

2014年平均のエンゲル係数が24.3%で1993年以来の高水準となっています。

総務省によると、2014年度平均で24.3%に達し、1993年度以来、21年ぶりの高水準になった。

総務省がまとめた11月の家計調査における食料品支出は7万111円でした。支出総額は27万3268円だったので、エンゲル係数を計算すると25.7%

現在は、アベノミクス不況とも言えるような状態に一般庶民は陥っており、消費支出を抑えている現状が、各種統計でその事実が浮き彫りになっています。

家族で病人を出すと家計が破綻

過去に年収が多くても破綻する

無理してローンを組んだり、都市部に住むなど、無駄な出費を重ねている中流が多いという事です。

背伸びしている家庭が危険

首都圏ならば、都心へ1時間程度で行ける私鉄沿線のマンションに住み、地方であれば、一戸建てでゆとりのある生活を送る、「普通よりも少し上」の家庭。

1





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう