1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

本家も真っ青!昼ドラ「ボタバラ」の"スギちゃん"がワイルドすぎる

昼ドラ「新・牡丹と薔薇」の登場人物であるスギちゃんこと吉田杉彦のワイルドエピソードについてのまとめです。

更新日: 2016年01月29日

asuho_manさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
42 お気に入り 89818 view
お気に入り追加

フジテレビの昼ドラが今年の3月いっぱいで終了

1964年5月の放送開始から51年半続いた東海テレビの昼の帯ドラマ「昼ドラ」が、3月をもって終了することが正式に決まった。現在放送中の『新・牡丹と薔薇』を含め、これまでに213作品を制作してきた長寿枠であったが、視聴率低下による衰退が原因で幕を閉じるという。

そんな中、「新・牡丹と薔薇」のとある人物が注目を浴びている

主人公の義弟・吉田杉彦

吉田家の次男。養護学校に通っている。美輪子の美しさにピュアな感情を持つ。

行動があまりにもワイルドすぎると評判に

ワイルド杉ちゃんw 帰ってきたから録画してたの見るぞー!!

杉ちゃん寝言で「やめろー」と叫ぶわシャンデリアでターザンするわ 明日はウェディングケーキクラッシュするわ活躍しぎだろwww 杉ちゃんこそ超弩級のワイルドwwwww #ボタバラ

「親父に小麦粉ぶちまけてやったぜ、ワイルドだろぉ~」

また、その後自暴自棄な生活を送っていた峰靖への反発から、杉彦が店の小麦粉を袋ごと盛大にぶちまけるという一幕もあった。

「オッサンにも小麦粉ぶちまけてやったぜ、ワイルドだろぉ~」

この間、カウンター奥中央に陣取っていた本日の猛者・杉彦は、誰がどう見ても負のオーラしか出ていない崑一が、我が家に災いをもたらす者だと直感。ボウルに入れてあった真っ白の小麦粉か何かを、鬼は外、福は内と言わんばかりに、崑一に向かってぶっかけにぶっかけ倒した。

「閉店を盾にディスコミってやったぜ、ワイルドだろぉ~」

今回の名ゼリフは、話の中盤から後半にかけて獅子奮迅というより獅子粉塵の活躍を魅せた天麩羅吉田屋の次男・杉彦(石田愛希)が、忽然と姿を消してしまった富貴子(黛英里佳)と連絡を取りたい美輪子(逢沢りな)からとみられる店への電話に対して、母・伊佐子(魏涼子)の「杉彦、電話に出て、閉店だって言いな!」という指示に忠実に従って行った、通話相手へのワイルド極まりないディスコミ宣言である。

「豪邸のシャンデリアにぶら下がったぜ、ワイルドだろぉ~」

どこからか玄関ホールのシャンデリアに飛び移ったかと思うと、そのままぶら下がってぶら~んぶら~んとシャンデリアターザンを披露。今作で指折りのワイルドさを放つ杉彦の驚異的な破壊力と、今年3月末に次回作【嵐の涙】を以て51年半の歴史に幕を降ろす昼ドラ演出のインナーマッスル力を、視聴者の皆様にまざまざと見せつけたのであった。

「ウェディングケーキを倒してやったぜ、ワイルドだろぉ~」

1 2





asuho_manさん

漫画、政治経済問題、スポーツなど幅広くまとめていきたいと思います。分かりにくく複雑な事をシンプルにまとめたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう