1. まとめトップ
  2. ガールズ

どこから始めればいいの?順番を知って効率的にメイクをしよう♪

メイクってどこから始めればいいのだろう?「あ、失敗した!最初にやれば良かったー!」なんてことも結構多いですよね。意外と知らないメイクの順番をまとめてみました。

更新日: 2016年02月26日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
418 お気に入り 62842 view
お気に入り追加

▼メイクの順番って…意外と難しくないですか?

メイクってどこから始めればいいのだろう?
「あ、失敗した!最初にやれば良かったー!」
なんてことも結構多いですよね。

使う化粧品の順番について考えたことはありますか?

メイクの道具とか順番とかメイクの濃さとか難しいよねぇ…

▼まずは基本を押さえておこう!

まずは基本中の基本。
スキンケア→日焼け止め→化粧下地→ファンデ→
フェイスパウダー。

1段階ごとに浸透させる時間をつくり肌と馴染んでから、次のステップへ進みましょう。

しっかり紫外線を防ぐには、日焼け止めを使いましょう。

化粧下地は正しい量と塗り方を意識して行うと、ファンデーションやポイントメイクの密着度が驚くほど上がり、崩れにくく綺麗な状態をキープすることが出来ます。

フェイスラインの方向に放射状にファンデーションが薄くなっていく状態を作ります。そうすることで立体感のある仕上がりになります

フェイスパウダーはメークの仕上げに重要な役割を果たします。

□ちょっと気になるメイクの順番も覚えておくと便利かも!

▼コンシーラーは、ファンデの前?後?

・リキッドファンデ→ファンデ後に。
自然に馴染んで、肌をキレイにカバーします。

・パウダーファンデ→ファンデ前に。
コンシーラーの後にパウダーファンデーションやおしろいを重ねることでよりヨレにくくなります。

リキッドタイプのファンデーションの場合、ファンデーションの後に、コンシーラーを使いましょう。コンシーラーが肌になじみやすくなり、より自然に欠点を隠しやすくなります。

パウダータイプのときは、化粧下地などのベースの後、ファンデーションの前に使いましょう。コンシーラーの後にパウダーファンデーションやおしろいを重ねることでヨレにくくなります。

描くというよりハンコを押すように、ファンデーションと同系色のコンシーラーを選択する事でよりナチュラルに仕上げる事が出来ます

▼アイメイクにポイントを置きたい場合のメイクのコツ。

アイメイクを濃くしたい場合は、アイメイクを先にしましょう。そうすることでバランスが取れたメイクになります。

アイメイクは顔の印象を決める大事なパーツです。その部分を一番先にメイクすることで、顔の印象を決めそれに合わせて他のパーツのメイクをすることで、バランスの取れたメイクができます。

アイメイク→リップメイクの順番。アイメイクのボリュームや色味の濃さに合わせて、リップメイクは薄くするなど、調整しましょう。リップメイクが最後だと、もし失敗してもお直しが簡単です

▼リップメイクにポイントを置きたい場合のメイクのコツ。

赤リップなど濃い目のリップにする時は、アイメイクは控えめに。リップメイクが済んでからアイメイクに取りかかりましょう。

リップメイク→アイメイクの順番。ボリュームのある口元とアイメイクのバランスが取りやすくなるので、目元と口元の両方が濃くなってしまった...!という失敗もありません。

アイメイクを控えめにしたら、チークやリップで血色を足す、アイライナーやマスカラメインなら、チークとリップはなじみカラーを使うなど、メイクのイメージに合わせてバランスを整えましょう。

唇の色が濃い人や唇が厚い人はファンデーションを薄く塗ってから

▼眉はペンシルが先?パウダーが先?

一般的な眉メイクの順番ですと、
①ペンシルアイブロウ⇒②パウダーアイブロウ⇒③眉マスカラ

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう