1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

続々と公開される『刑事もの』映画が期待度高すぎる!

いつも根強い人気を誇る「刑事もの」の映画。最近は特に話題作や期待作の公開や発表が相次いでいる様子。

更新日: 2016年01月30日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
98 お気に入り 63273 view
お気に入り追加

◆『さらば あぶない刑事』 伝説の刑事ドラマがついに完結

出演:舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル ほか


公式サイト:
http://www.abu-deka.com/

伝説<レジェンド>が、遂に、終わる!!テレビドラマ放映開始から30年。劇場版最新作から10年。これで本当にラスト

常識はずれの刑事コンビ・タカ(舘)とユージ(柴田)が事件に立ち向かう姿を描いたドラマは瞬く間に支持を集め、累計話数77話にわたって放送されたシリーズは、最高視聴率26.4%を記録

定年退職まであと5日となった二人に立ちはだかるのは、横浜を牛耳ろうとする凶悪な中南米マフィア。命を賭けた壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる

真山薫(浅野温子)は自由奔放さにますます拍車がかかり、前作「まだまだあぶない刑事」で課長に昇進し2人の上司になった町田透(仲村トオル)は相変わらずの“いじられ役”

あぶない刑事掲載の為、女性誌を2冊も買ってしまった。恥ずかしかった pic.twitter.com/zJazkMfmSe

◆『ブラック・スキャンダル』 FBI史上最大のスキャンダルを描く

Black Mass


出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ ほか


公式サイト:
https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/

米国犯罪史に残るFBI最大の汚職事件を描いたクライムサスペンス。ギャング、政治家、FBIと別々の道へ進んだ幼なじみ3人が交わした密約が、やがて一大スキャンダルを巻き起こす

「邪魔者は消す」という考えが当たり前の世界に生きているギャングと「情報を手に入れるためならば手を汚す」という誤った判断を下してしまったFBI捜査官。さらには「自分とは何ら関係ないのだから、関わることはなにもない」と兄の悪事を見て見ぬふりする弟の政治家

ジョニー・デップは「史上最高の演技」と絶賛されている

ウサマ・ビン・ラディンに次ぐFBI最重要指名手配犯に認定された犯罪王ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー

どこまでも冷酷非道で、妻子や母親、弟ら肉親に見せるふとした表情には温かみやあやうさも垣間見えるが、登場だけで嫌な気分になるほどのシーンもある。次第に人間味を失っていく姿には身の毛もよだつほど

ベネチア、トロントなどの国際映画祭で華々しく上映されると、実在の犯罪王ジェームズ・ホワイティ・バルジャーが憑依したかのような渾身の演技を披露するジョニー・デップに「キャリア史上最高の演技!」と絶賛の声が相次いだ

あかん。これなら観たくなる。特に秀逸なアレンジは広島弁のセリフ(笑)これ、テレビスポットにしたら大ヒットするのに(でも公式じゃないわよねw Watch “仁義なきブラックスキャンダル” on @Vimeo vimeo.com/152941256

◆日本でも警察スキャンダルが映画化 『日本で一番悪い奴ら』

原作はモデルとなった元刑事の著書『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』


映画公式サイト:
http://www.nichiwaru.com/

2002年、実際に起きた"日本警察史上、最大の不祥事"とも呼ばれる「稲葉事件」をもとに、警部と"S"(スパイ)と呼ばれるチンピラなどの捜査協力者たちを映したクライム・エンターテイメント

違法捜査の数々。ガサ状なしの家宅捜索、クビなし拳銃の押収、おとり捜査、やらせ逮捕。そして、彼らが行き着いたのは、覚醒剤の“密輸”だった…

「クビなし拳銃」とは所持者・所有者不明の拳銃のこと

“黒い警部”と呼ばれる男・諸星要一(綾野剛)が逮捕されるまでの壮絶な26年間が描かれる

綾野は脚本を読んだ際に「何を犠牲にしても出演するべき」と感じ、オファーから3日で出演を快諾

クランクインからクランクアップまで体重を10キロ増減させ、柔道練習にも取り組んで役づくりに励んだという

主役の綾野剛のほか、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、ピエール瀧、さらに青木崇高、木下隆行(TKO)、音尾琢真、矢吹春奈、瀧内公美、白石糸と豪華キャスト人が集結

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう