1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

30億円をポンと支払う!中国がサッカー選手を「爆買い」してる

中国経済の減速が伝えられていますが、サッカー界では依然として中国による選手の「爆買い」が続いています。つい最近も、グアリンやラミレスやジェルビーニョといった大物選手が次々と中国へ移籍しました。また、ブラジル人選手も増加しており、なんと中国では11人ものブラジル代表経験者がプレーしているそうです。

更新日: 2016年01月29日

2 お気に入り 12118 view
お気に入り追加

サッカー界でも中国人の「爆買い」が止まらない

巷では中国人観光客による「爆買い」が話題になっていますが、実はサッカー界でも中国マネーが猛威を振るっています。

つい先日、ローマのコートジボワール代表FWジェルビーニョが河北華夏へ移籍というニュースが流れたかと思えば、今度は長友の同僚であるインテルのグアリンが上海申花へと移籍しました。

そして今注目されているのは江蘇蘇寧の「爆買い」です。つい先日、チェルシーに所属していたラミレスを36億円で買取り、今度は同じくチェルシーのファルカオを狙っているというのです。

どちらもサッカーファンなら誰でも知っているビッグネームですが、このような中国サッカーの「爆買い」はまだまだ続くと見られています。

中国超級リーグ(1部)の江蘇蘇寧がかつての世界最高FW獲得に照準を合わせたようだ。

かつて世界最高の評価を受けたファルカオ…現在は不振に喘いでいる

LONDON, ENGLAND - OCTOBER 03: Radamel Falcao Garcia of Chelsea reacts during the Barclays Premier League match between Chelsea and Southampton at Stamford Bridge on October 3, 2015 in London, United Kingdom. (Photo by Jordan Mansfield/Getty Images)

かつて世界最高の評価を受けたファルカオだが、現在は不振に喘いでいる。チェルシーの前監督であるモウリーニョはファルカオの再生に自信をもっていたようだが、残念ながら失敗に終わってしまった。江蘇蘇寧はそのファルカオを買い取ろうとしている。

現在29歳のファルカオはポルト、アトレティコ・マドリードやモナコで活躍したストライカー。

昨季はマンチェスター・ユナイテッドにレンタル移籍で加入するも負傷の影響あり、全く試合で起用されず。

今季は所属先をチェルシーに変えたが、シーズン前半戦を終えてリーグ戦でフル出場を果たしたのは1試合のみ。得点も1ゴールに留まっている。

江蘇蘇寧はファルカオの1000万ドル(約12億円)にのぼる給与を支払う準備があるとのこと。

江蘇蘇寧は36億円でチェルシーのラミレスを買い取ったばかり

LONDON, ENGLAND - DECEMBER 09: Ramires of Chelsea during the UEFA Champions League match between Chelsea and FC Porto at Stamford Bridge on December 9, 2015 in London, United Kingdom. (Photo by Catherine Ivill - AMA/Getty Images)

チェルシー(Chelsea)に所属するラミレス(Ramires Santos do Nascimento)が、中国スーパーリーグ(1部)の江蘇蘇寧(Jiangsu Suning)に移籍することが27日に決まった

今シーズンは、2015年10月に契約を4年延長したばかりだが、ここまでリーグ戦12試合の出場(2ゴール)のみで、先発はわずか7試合にとどまっている。

「チェルシー・フットボール・クラブは移籍金を明らかにしていないが、英メディアが公開した数字は2500万ポンドだ」

「チェルシーFC所属のミッドフィールダーが中国人の金銭に屈服した」

スペインの日刊スポーツ紙「マルカ」

江蘇蘇寧だけではない…中国のサッカー選手爆買いが止まらない

BEIJING, CHINA - JUNE 28: (CHINA OUT) Ultra supporters and fans of the Beijing Guoan FC celebrate together after a goal against Chongcing Lifan FC during their Chinese Super League match on June 28, 2015 in Beijing, China. There are growing legions of ardent supporters and fans of China's football clubs. The government is also trying to foster a football culture in the country by mandating football programs in 20,000 Chinese schools in a recent plan devised by President Xi Jinping to make China a football power. (Photo by Kevin Frayer/Getty Images)

2015年の冬季市場ではイングランドプレミアリーグに次ぐ金額を投資したといわれている。いわゆるビッグネームに類される選手を次々と買い集めており、かつてのJリーグバブル時代を思い起こさせるものの、規模という面ではそれを遥かに凌駕する。まさに前例のない「爆買い」を行っている。

最近は中国の景気減速が伝えられているが、中国サッカー界の“爆買い”は止まらない。

「中国スーパーリーグのクラブは日本のJリーグが発足して以降、東アジアではかつてみられなかったほどのお金の使い方をしている」

英国のサッカー専門誌「World Soccer」

国際サッカー連盟(FIFA)が先週発表した報告書によれば、2015年の選手獲得に投じた金額で中国は6位。

イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランスという欧州主要リーグ以外では1位だった。

ローマのジェルビーニョは河北華夏へ23億円移籍

ROME, ITALY - OCTOBER 28: Gervinho (R) celebrates with his teammate Juan Iturbe of AS Roma after scoring the team's third goal during the Serie A match between AS Roma and Udinese Calcio at Stadio Olimpico on October 28, 2015 in Rome, Italy. (Photo by Paolo Bruno/Getty Images)

ジェルビーニョに支払われる年俸は6億円といわれている

ローマのコートジボワール代表FWジェルビーニョが、今季から中国1部へ昇格した河北に移籍することが決まった。

今季からスーパーリーグを戦う河北華夏は、トップディビジョンへの挑戦に必要な戦力としてジェルビーニョの獲得を進めていた。

個人とクラブの成績に応じて100万ユーロ(約1億3000万円)が上積みされるという。

インテルのグアリンも中国へ移籍した

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう