1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ビックリ!いま、宅配ロッカーがこんなとこまで急拡大

これは、便利な上にいろんな社会問題も解決できそうだぞ!

更新日: 2016年01月29日

akashi2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
122 お気に入り 134859 view
お気に入り追加

ついにヤマト運輸が、宅配ロッカーに本気出してきた

これは繰り返される再配達やドライバー不足を、解決する一つの手段になりそう。

ヤマト運輸は1月28日、複数の宅配業者からの荷物を受け取れる「オープン型宅配ロッカー」の普及を目指し、合弁会社を設立する

指定したロッカーに商品が届けられた際に、開錠用の暗証番号がメールで届き、好きな時間に荷物を受け取ることができる

ヤマト運輸以外の宅配業者も使えるロッカーなので、業界全体のムダな再配達を減らせる。

駅に置かれてる「楽天BOX」も新展開へ

はじめての楽天BOX pic.twitter.com/zphLGP7Ztn

「楽天BOX」は、楽天市場で商品を注文すると、配送先に専用宅配ロッカーを選べるサービス

「楽天BOX」の設置場所は、人通りが多く、利便性の高そうな場所を想定し、今後も設置数を拡大していく考え

これまでは、駅を中心に設置されてきたが、今回はじめてコンビニに設置された

店員を介さなくてよいことから、より気軽に利用できるという点ではニーズは確実にあるだろう

最寄りのコンビニで、店員の対応を通さずに注文した荷物を受け取れるようになりそう。

ネットスーパーに注文しておいた食品を、引き取れるロッカーも登場

冷蔵のロッカー(いわば冷蔵庫)なので、食品を保管しておいても大丈夫。

スマートフォンやパソコンから購入した商品を、利用者の都合の良い時間帯に受け取ることができる

3つの指定された時間帯で、受取時間を選ぶことができます。

Amazonは、やっぱり独自路線

冷凍惣菜類や中華のチルド惣菜・調味料など、各地域に関連の深い商品を強化した

宅配ロッカーが広がろうとしてるのは、このサービスへの対抗策ともいえるかも。

さらに食料品・生活用品のまとめ買いサービスにも、力を入れてる。

「Amazonパントリー」は、食品や生活用品などの日用品を中心に、低単価の商品でも単品からひと箱にまとめて購入できるサービス

ネットでは頼みづらい歯磨き粉だけとかの単品も頼みやすくなる。

これまでAmazonで単品で扱っていなかったような商品も1点から販売し、様々な商品を少しずつ選んで購入できる

Amazonがスーパー化していけば、宅配ロッカーを使う機会も増えそう。

職場向けの宅配ロッカーも出てきてる

富士機械製造は、インターネットで注文を受けて商品を配達する「ネットスーパー」の受け取り専用ロッカーの設置に乗り出す

商品を自宅ではなく、職場などに設置したロッカーに届けてもらい、退社時、利用者が商品を受け取れる

1 2





akashi2さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう