1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日銀の決定が波紋を広げる…「マイナス金利」導入ってどういうこと?

1月29日の金融政策決定会合で、日本銀行は「マイナス金利」の導入を決定しました。株式市場ではこのニュースは驚きをもって受け止められているようです。また、ツイッター上でも「マイナス金利」がトレンド入りするなど、多くの人の関心を集めているようです。そこで、「マイナス金利」について簡単にまとめてみました。

更新日: 2016年01月30日

62 お気に入り 37594 view
お気に入り追加

日本銀行が「マイナス金利」の導入を決定

日本銀行は29日の金融政策決定会合で「マイナス金利」の導入を決定しました。

この決定が発表されると同時に日経平均株価は乱高下し、ツイッター上でも「マイナス金利」がトレンド入りするなど、大きな反響を呼んでいます。

ところで、マイナス金利とはどのような政策なのでしょうか。一般的には実体経済への刺激に繋がるとされているようですが、果たして本当に効果はあるのでしょうか。また、デメリットは無いのでしょうか。

そこで「マイナス金利」について簡単にまとめてみました。

日本銀行は29日の金融政策決定会合で、追加の金融緩和策を賛成多数で決めた。

金融機関が余ったお金を日本銀行に預ける際の金利をマイナスとする政策を初めて導入する。

「マイナス金利」とはどのような政策なのか

中央銀行が政策金利をゼロ%よりも低い水準にする政策。

民間銀行が中央銀行に預け入れる預金の金利をマイナスにするのが一般的。

民間銀行が日銀に預ける「当座預金」について、日銀が利息を支払うのではなく、銀行側が手数料を支払う

銀行が当座預金を減らすことで、投資や貸し出し増などを増やし、実体経済を刺激する効果があるとされる

欧州中央銀行が2014年から導入していることで知られている

海外では欧州中央銀行(ECB)が2014年から導入。このほかスイスやデンマーク、スウェーデンなども導入している。

たとえばデンマークは、EU加盟国だが通貨はユーロではなくクローネだが、欧州の債務危機をきっかけに、デンマークに資金が大量に流れ込み、対ユーロでのクローネ高が続いていた

スイスも、原油高やロシア経済の不安定化などが理由で、安全資産としてフランが買われ、上昇圧力が高まる中でマイナス金利導入を決めている

日銀が0.1%の手数料を徴収することになる

日銀が金融機関から預かっている当座預金のうち、一定の水準を超える金額につけている金利について、現在の0.1%からマイナス0.1%に引き下げる

2月16日から、民間の銀行が日銀に預けている資金(当座預金)の一部に、日銀が利息を払うのではなく、逆に日銀が0.1%の手数料を徴収する

準備金の超過分(超過準備)につく利子である「付利」の利率を現在の年利0・1%からマイナス0・1%に引き下げる。

付利とは、金融機関が日銀の当座預金に積まなければならない準備金の枠を超えた分の準備預金につく利子のこと。

これをマイナスにするのは、銀行から、巨額の手数料を徴収するのと同じことだ。

具体的には、日本銀行当座預金を3段階の階層構造に分割し、それぞれの階層に応じてプラス金利、ゼロ金利、マイナス金利を適用する

導入に踏み切った背景とその狙いとは?

原油安と中国経済の減速で世界経済の先行きへの不安が強まり、国内の景気や物価でも下振れ懸念が高まっているためだ

米国の利上げで新興国からの資金流出が懸念される中、日銀は投資家の不安解消も狙う。

銀行の当座預金が減ることで、資金が貸し出しや投資に回り、景気を刺激するとの狙いがある。

また、民間の銀行も金利をさらに引き下げたり、逆に預金者から手数料を徴収したりすることで、預金に回っていたお金が消費に回り、経済が活性化するという狙いもある

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう