1. まとめトップ

不動産投資に騙されるな!不動産投資は儲からない!

サラリーマンなどが『年金の代わり』であったり、『副業の投資』と考えて不動産を買ったりする人は多いですが、その多くが管理できずに失敗しています。表面利回りに騙されやすいサラリーマンですが、実際に儲かっている人はごく少数です。

更新日: 2016年01月29日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 2668 view
お気に入り追加

儲かりづらい不動産事業

今の不動産で儲けるのは、入居率が相当に高くないと難しいとされています。中古物件も含めて供給過剰な状況で、どの不動産会社も入居率を上げるために懸命です。

現金が手元に残らない

現金が入ってくるうちはいいけれども、入居率が下がったり、水漏れなどで大きな修繕費がかかったりすると、現金がない! という事態

表面利回り10%と言われても、手取りベースの利回りは3%程であるという現実だ。この利回りも、不動産管理のマネジメント力を発揮しないと実現できない。

不動産投資に求められる『事業センス』

利回りが高い物件というのは、新築などであって、価格が値下がりしやすい傾向にあります。

不動産を多くのサラリーマンが『不労所得』ぐらいに考えていますけど、不動産業界の激しい競争によって、不労所得で収益が得られるほどあまいものではなくなってきています。

築年の古い中古ワンルームに価格200万円、表面利回り20%などがあるのは、資産価値の下落の激しさを証明している。

流通価格が大幅に下がるわりに、賃料は比較的緩やかにしか下がらないために、築年が進むに連れて利回りが高くなる。

コストに敏感にならないと儲からない

僕は某メーカーに勤務していますが、コスト削減については研究開発部門などはものすごい神経を使っているのが分かります。

大家さん全体で本気で物件運営している人ってどれくらいいるのでしょう?1~2割?多くても2~3割くらい

ライバル会社に対する調査

ライバル会社に対する意識・情報収集もハンパじゃありません!遅れたり出し抜かれたりすれば、これまでの苦労や研究開発費が水の泡

運営が大変な場所も出てきている

徐々に家賃は下落しますし、空室は増えていくと思います。現在でも需給バランスを大きく崩して運営が大変なエリアも存在します。

人口の減少と地価の下落がこのペースでずっと進めば、数十年先に人口が非常に少なく、地価がタダ同然となる自治体は少なくない。

素人の投資だと儲からない

不動産の税金が非常に高い

1 2





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう