1. まとめトップ

腐ってる防衛大学校・自衛隊の『いじめの実態』がヤバい!日常化する暴力に自殺者が多発!

防衛大学校・自衛隊において『いじめ』が多発している事が問題になっています。日常的に下級生に暴力を振るったり、ヤケドを負わせたりするというのです。暴力・セクハラ・パワハラが日常的に行われています。戦争法が国会で強行に押し通され、自衛隊が戦場で死ぬ日も近いです。

更新日: 2016年01月30日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 1666 view
お気に入り追加

自殺が多発している自衛隊

2006年度の10万人あたりの自殺率は38.6で、一般職国家公務員の自殺率17.1の2倍以上にあたります。

03年に入隊したこの隊員は先輩の隊員から、ガス銃で狙われたり、パンチパーマにすることを強要され従わないと「BB弾」の的にされたり、アダルトのCDを合計50万円で買わされるなど、執拗ないじめ、暴行・恐喝を受けていた。

日本で待ち受けていたのは先輩から暴行や陰湿な嫌がらせだったのである。いじめを受けたストレスから口内炎を発症し唇が腫上がり、口内からの出血もあった。

防衛大学校におけるいじめ

1年以上賞味期限が切れたものを無理やり食べさせられる、上半身を裸にされ、体毛を焼かれて全治3週間のヤケドを負うなどの凄惨ないじめや暴力などを受けたとして、8人を相手に「傷害罪」で刑事告訴

寝ている学生を靴やスリッパで叩いて起こす。服を脱がせ体毛を焼く。 先輩の男性器をくわえさせ、それを写真に撮るなどのいじめは、数年前でも校内では行われていた。

先輩の暴行を受け左目を失明した自衛隊員。自衛隊員の自殺の原因に、日常的な上官らのいじめがあったとして遺族が提訴しているケース。

自衛隊員らの不祥事が明るみ

・お互いの下半身を縄で縛り付ける
・下の毛を剃る
・全裸で木がある場所に後ろ手で縛り付ける
・洗濯バサミをお互いの鼻、口、耳につけて痛めつける
・上官と思われる男性が火のついたローソクを下半身に垂らしたり、火をつけるような行為
・女性用の下着を着用する

防大は毎年自殺者も出るとか。そうなることを比べたら、早いうちに適性のなさを自覚して退学する学生はよほど賢明だと思いますけど、新入生の1/8が1週間で辞めるという事態は問題があると思います。

旧日本軍を賞賛する自衛隊の姿

自衛官は、戦争を行った旧日本軍を讃えるような発言を繰り返しているという事です。

2007年度の1年間で、海上幕僚長の行った20回の訓示の中には、「帝国海軍」「海軍兵学校」などという「旧海軍」を讃える発言が15回

暴力・セクハラが日常的に行われる自衛隊

男性の自衛隊員から殴打も含む虐待を受け、声を出すこともできなくなり自殺に追い込まれた女性自衛隊員。

自衛隊員へのアンケート結果によると、女性隊員のうち18.7%が性的関係の強要を受け、強姦・暴行および未遂は7.4%にものぼり、自衛隊全体で700人以上が強姦・暴行および未遂の被害を受けている

自衛隊と納入業者の癒着

納入業者に役員待遇で再就職。防衛省との契約高15社に在籍しているOBは2006年4月に475人もいて、三菱電機98人、三菱重工62人、日立製作所59人、川崎重工49人

参考リンク

1





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう