1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

最近の西島秀俊がやけに『翻弄されキャラ』になってる

シリアスで硬派な「大人の男」を演じたら一級品の人気俳優・西島秀俊。私生活でもストイックで一本気な人かな…というイメージ。しかし最近の出演作やCMでは周りに振り回されちゃってるキャラが多いみたい。でも見ている人はそんな一面も可愛い、と思っちゃうのかも。

更新日: 2016年02月01日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 108196 view
お気に入り追加

◆男の魅力あふれる俳優・西島秀俊

1971年3月生れ


・最近の様々な人気投票でも上位にランクイン

「女性に質問! カッコいいと思う“一重男子”芸能人は?」で一位:
http://ren-ai.jp/67518

「2015年独身女性が抱かれたい男ランキング」三位:
http://www.dokujo.com/entertainment/news/2015-dakaretai-otoko-ranking.html

硬派な役どころをこなすことが多い西島秀俊。 でも、ちらっと見せるはにかんだ笑顔などで、ギャップ萌えする女性ファンも多い

『八重の桜』では役作りのために鍛え上げた肉体美が話題になりましたが、そのストイックさ もなんとなく表情にあらわれています

爽やかな雰囲気を感じさせつつも、同時に渋みも出しているところに、独特の色気があります

女性からすると既婚者のオトコは「他の女性のモノでしょ」と不人気になるのかと思いきや、ムフフな妄想の中ではちゃっかり人気を継続しているよう!既婚者だからこそ醸し出せる、“オトナの魅力”に憧れている女性も多いのかもしれません

◆そんな西島、過去に「翻弄されるキャラ」を演じたこともある

監督:黒沢清

共演: 役所広司、麻生久美子、哀川翔、大杉連 ほか

『ニンゲン合格』で映画初主演を果たす。長い昏睡状態から突然目覚めて生き方を模索する青年役

目覚めた彼のもとに父親の友人・藤森が10年分の雑誌やビデオを持って見舞いにきた。交通事故の加害者もやって来た。が、肝心の家族は誰一人来ない。両親は離婚し、一家はバラバラになっていた…

映画『帰郷』では、昔の恋人に子どもの父親だとして子どもを預けられて困惑するサラリーマン

◆2015年はドラマ・映画で「振り回される役」が目立った

『劇場版 MOZU』では犯罪者たちに翻弄される刑事役

TBS×WOWOWの共同ドラマ「MOZU」シリーズの劇場版


公式サイト:
http://mozu-movie.jp/

公安警察官 倉木(西島秀俊)は、大杉(香川照之)、明星(真木よう子)とともに一連の「MOZU」事件で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒した。しかしそれは、恐るべき謀略の氷山の一角に過ぎなかった

長谷川博己が演じる狂気の犯罪者・東和夫は、最も謎に満ちた存在だ。元公安刑事という過去を持ち、時には無謀な捜査で巨大権力に立ち向かう公安警察のエース倉木(西島秀俊)をほんろうする

テレビシリーズを通して最大の闇とされてきた“ダルマ”。重大事件を陰で操り、主人公の公安警察官・倉木尚武(西島秀俊)らを翻弄(ほんろう)する“最大の闇”が、たけし

ドラマ『流星ワゴン』では家族にも会社にも振り回される

共演:香川照之,、井川遥、吉岡秀隆 ほか


TBSドラマ:
http://www.tbs.co.jp/ryusei_wagon/

西島が演じるのは、会社でリストラに遭い、妻・美代子(井川遥)から離婚を切り出され、さらには息子・広樹(横山幸汰)の家庭内暴力に悩んでいるという、文字通り絶望の淵にいる主人公・永田一雄

ある日、駅前のベンチで人生に悲観する一雄の前に、亡くなっているはずの橋本義明(吉岡秀隆)とその息子・健太が乗った、ワインカラーのワゴンカーが出現

さらに、自分と同い年の父親・忠雄(香川)が現れる。行き先は、一雄の人生にとって大切な分岐点。後悔の人生をやり直すためのドライブが始まる

しょっちゅう泣くし、目も血走ってるし、情けない言動オンパレード。ヘタレバージョンの西島秀俊を堪能できます

◆最近では「翻弄」されてるCMがやけに多い印象

家事であたふた…

ラーメンを巡って苦悩は続く

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう