1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

すごい…世界を感動させた、「バービー人形」の激変

そんな事情があったんですね…。

更新日: 2016年01月31日

yurinoki77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
81 お気に入り 221253 view
お気に入り追加

ぽっちゃりバービーって…!

NEW YORK, NY - APRIL 05: Chris Benz designed Barbie attends the 10th Annual EPIC awards at the IAC Headquarters on April 5, 2012 in New York City. (Photo by Charles Eshelman/Getty Images)

体型が小柄、長身、ぽっちゃりの3種類。肌の色は7種、目の色は22種、ヘアスタイルは24種

小さい頃からバービー人形が すきだったけど今はぽっちゃり したバービーとか身長が小さい バービーがいてびっくり pic.twitter.com/QGC97Mpa7l

さまざまな人を受け入れることがかっこいいといわれる時代になり、バービー人形のイメージチェンジに取り組んでいる。

部屋の整理をしつつ数日前の新聞に目を通していたら、ふくよかなバービー人形が発売されるとのこと。他にも背が大きい人形や小柄な人形が展開されるとのこと。ダイバーシティの世の中よ…

Photo by Image Source / DigitalVision

「痩せてるのが美しい」みたいなイメージが、いまモデル業界でも徹底的に叩かれてる。

要するに顔形の美しさや体型の細さといった基準が、絶対的なものでなくなっている。

太め、背低め、「多様な美しさ」がテーマになったバービー人形 高望みはせずに自分にとって等身大のバービーを、ということか minuta goo.gl/iskQIL pic.twitter.com/YEVGFdzbOJ pic.twitter.com/hgqVNlcgPV

バービー人形のCMに初めて男の子を出演させ、大きな反響を呼んだ。

CMに出演する少女に人種的多様性を打ち出すだけでなく、着せ替え人形のプロモーションとしては初めて、男の子を登場させた

「このCMを見て泣きそうになったわよ! 子供の頃、姉のバービー人形で遊んで、その後いたたまれない気持ちになっていたから」

ゲイの男性が、感激してこうコメント。

実はマテル社は既にスキンヘッドのバービー人形を製造しており、癌と戦う子供たちに無償配布しているそうな。ただし現時点ではまだ市販はしていない

「xxなせいで傷付いてる人もいる!」っていう声に対して、自粛で選択肢を減らすのではなく、逆に選択肢を増やしていくスタイル。素晴らしい。

バービーよりも、「私らしさ」全開な人形!

ニキビなんかまで…(゚д゚)

ラミリー人形、リアルな女性人形を追求、とのことでニキビ?吹き出物シールまで!!最高すぎる~! pic.twitter.com/oHP7STRs3H

「お姉ちゃんに似ている」、「親戚のおばちゃんみたい」と、親しみやすさからか「大好き」と答えた子どもが多かった。

意外と好評みたい…。

「現実的な美の基準を推奨し、お子さんが体について肯定的なイメージを持つように」

バービー人形は、あり得ないほど理想化されデフォルメされている。その理想化が現実の女性を苦しめている面がある。ラミリー人形は現実の女性の体型を測定し、平均から割り出した人形。いわく「平均こそ美しい」。ナイス思想だ。 m.youtube.com/watch?v=OfQu8p…

深イイわけじゃないけど、リカちゃんも!

左が4代目で、右が初代。
身長が違うんです…!

1987年に登場した4代目をベースに作られており、現在まで続く初代と比べると身長が1cm伸びた

女子の成長が早くなったっていう日本の動向を反映してるんだとか!

1 2





yurinoki77さん



  • 話題の動画をまとめよう