1. まとめトップ
  2. カラダ

合わせるだけ損!自分にピッタリの「睡眠時間」の調べ方

「8時間が健康」とかいう定説に自分が当てはまってるかはわからない。。

更新日: 2016年01月31日

smbmoonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
451 お気に入り 203865 view
お気に入り追加

いろんな情報がありすぎて困っていませんか?

かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?

不眠の人が多いといわれる今の時代、睡眠時間をどれくらい確保できるかは多くの人の関心事といえそうです。

日本人男性を調査した自治医科大学の研究から、睡眠時間が6時間以下の人は7~8時間の人に比べて死亡率が2.4倍高くなるという報告もある

睡眠不足が続くとアルツハイマーや糖尿病など恐ろしい病気のリスクが高まることは、さまざまな研究から実証されています。

睡眠不足のはずなのに少ない睡眠時間で動けてる人いるけどこれ、「疲れの感覚が麻痺するほど疲れてるから」らしいぞ。。それで睡眠不足の人って突然死しやすいんだと。いつもより長く寝てるのに疲れが取れない!なんてのも実は麻痺してるだけで身体は悲鳴を上げてるんじゃない?みんなも気をつけてね。

でも、寝不足もダメって言われてるし。。

寝不足も寝すぎも、どちらも体に負担になり、さらに脳も活動が鈍くなるといわれています。

「最低4時間半以上眠れば、十分疲れが取れる」という説や、「そもそも睡眠は少し足りないくらいのほうが、次に寝る機会に、より深く眠ることができていい」という見解を持つ睡眠医もいる

健康かつ長生きなのは8時間という説が定説っぽいけど…

理想の睡眠時間として「1日8時間」という数字があげられますが、医学的根拠があるわけではなく、多くの人の睡眠時間が6~9時間の間という統計から出された平均的な睡眠時間にすぎません。

まじかよ。。

結局、「人によって違う」が結論らしい…!

生活環境を一定に管理できる動物実験と違い、人間の場合は食事はもちろん、家での過ごし方も自由です

そのため、人間を対象にした疫学調査は、たとえ100万人を対象にしていても、その信ぴょう性には限界があります。

最適な睡眠時間は人それぞれ異なるので、一概に、何時間睡眠が最適!ということは言えないのが事実だ。つまり、あなたにピッタリ合った最適な睡眠時間は、あなたにしか分からない

【ロングスリーパー(睡眠時間が9時間以上の人)の性格傾向】 ・精神的なストレスによる脳の疲労度が高い ・回復に時間を要するため睡眠時間が長い傾向 ・内向的で神経質 ・心配性 ・人の話をよく聞く ・物事をじっくり考える ・孤独を愛する ・研究者や芸術家向き

そこで、自分にピッタリの睡眠時間の調べ方がコレ

理想的な睡眠時間を知るひとつの方法として目覚まし時計をかけずに寝起きする『目覚ましOFF法』があります。

寝やすい環境を整えて、目覚ましをかけずに寝る→起きたら、何時間寝たかチェック!

自然に目覚めた時間というのは、あなたの睡眠欲求を満たせているという点では、あなたの理想の睡眠時間にはだいぶ近いはずです。

人の睡眠周期や必要とする睡眠時間には個人差があり、レム睡眠が発生する時間にも人によってばらつきがある

レム睡眠のときに人間は起きやすいと言われてます。

「睡眠リズムがおよそ90分刻みである」というのは、統計から得た平均値であり、実際の人の睡眠周期はおおよそ70分から110分の間だとされています。

1 2





smbmoonさん



  • 話題の動画をまとめよう