1. まとめトップ
  2. カラダ

手軽だけど侮れない!爪をマッサージすることで得られる効果

さまざまな神経が集中しているとされる指先。そんな指先、特に爪の付け根を揉むことで多くの効果が得られます。

更新日: 2016年02月01日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
845 お気に入り 90599 view
お気に入り追加

■「爪揉み」って知ってる?

爪もみは、自律神経のバランスを整えて免疫力を十分に発揮させるために、最も手軽で効果の高い方法です

免疫力も正常化するため、さまざまな病気や症状に対して効果を発揮します

■爪を揉むことでこんな効果が得られます

爪の部分にもツボがあって、このツボを押すことによって自律神経の乱れを整えて安定させることができ、新陳代謝を促すようになります

副交感神経が優位になるために、リンパ球が増えて血液循環がよくなります

自律神経を整えることでリラックス効果があり、血流も良くなりますので、高血圧が改善されることになります

■指によって様々な症状に効き目があります

アトピー性皮膚園や咳、ぜんそくなどに効果がある

小指の爪もみは、主に循環器系の病気に効果を発揮すると言われています

肥満や肩こり、うつ状態やパーキンソン病、物忘れや不眠、ヘルニアや尿漏れ、痛風などなど

■この指だけは刺激しないで!

左右両方の手の指をもみほぐしますが、交感神経に関連する薬指だけは刺激しないようにしてください

薬指への刺激はストレス時と同じ交感神経を高める作用があるとされ、薬指だけの爪もみは避けたほうが良い

■爪揉みはどうやってやるの?

手の指の爪の生え際の両脇を親指と人差し指で挟みこむようにして中指・人差し指・小指・親指の4本を順にもみます

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう