1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitterで見かけた『まるでドラマのような話』

みなさんの凄い話をご覧ください。

更新日: 2016年05月05日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
583 お気に入り 618766 view
お気に入り追加

◆エピソード『ブッダのようだった。』

実は私も泥酔して行き倒れたことがある。大山の蕎麦屋の前で冬の朝方眠っていたんだが、大量のその辺の野良猫や犬や狸が私にくっ付いて寝ていて(あったたかったんだろな)朝方発見した蕎麦屋さんに「ブッダのようだった。」と言われた。

◆エピソード『あと少しです…ご辛抱下さい…』

電車内で赤ちゃん抱いてるちょっといかつめのおにいさんが愚図りはじめた赤ちゃんに対して「あと少しです…ご辛抱下さい…お願いします…」って抱っこしながら敬語でお願いしててこの二人の関係性は一体

◆エピソード『君さあ...』

上司「煙草吸わないの?」 ゆでろう『吸いません...』 「麻雀とか賭け事は?」 『やりません...』 「お酒も飲まないんだよね」 『はい...』 「そうか...」 『...(気不味い』 「君さあ...」 『(ウッ;;)』 「ウチの娘とお見合いしないか?」 『!?』

◆エピソード『ゴールイン』

会社のイタリア人のパパンがママンと出会った時、ママンはヒールが折れてしまい立ち往生していたところに『天国からの着地に失敗したの?』→靴を一緒に買いにいく→次この靴を履くとき僕を思い出したら電話して→ゴールイン だったらしいです。

◆エピソード『電車にて』

すげぇ! 電車にいた三人組のヤンチャそうな男子高校生の二人が降りて取り残された一人がそばに立ってた同じ高校のクッソ真面目そうな受験本読んでる学級委員的なメガネの女の子を隣に呼んで「おまたせ」「本当うるさいね、あんたら」「これも卒業までだから」って同じ受験本読み始めてドラマかと

◆エピソード『深夜のファミレスにて』

近所のファミレスが、深夜に行くといつもオタク業界人が集まってメシ食ったり作業したりしてるんだけど、それぞれ他のテーブルとの交流がないのがもったいない。 こないだなんて「メカデザインできる人いないの?」って話をしていたテーブルのすぐ近くで「メカデザインの仕事ないかな」って話してた。

◆エピソード『焼き加減は?』

ステーキ店で。 美人店員「焼き加減は?」 ぼく「ふつうで」 友人「生で」 美人店員「かしこまりました」(冷たい目で一礼) ぼく「かしこまっちゃった」 友人「あかんよく焼いて!こんがり焼いて!」と厨房までその子を追い掛けてった彼から2年後、その子との結婚式の招待状が届くとは予想外。

◆エピソード『彼氏に振られて号泣してる女子大生がいた。』

彼氏に振られて号泣してる女子大生がいた。ついに蹲って道のはじで泣いてたら小学生の男の子に声をかけられた。「お姉さん、美人なのに泣いてたら勿体無いよ」手渡されたハンカチで女子大生は涙を拭った。それが今度結婚するうちの従姉妹の姉ちゃんと旦那さんの出会いです。

◆エピソード『あんたが喜びそうなお客さんがいる』

ケーキ屋バイトの母「あんたが喜びそうなお客さんがいる」 わたし「何?」 母「いつも男の子二人で来て可愛い方がねぇどれにする?全部買っちゃう?って凄く楽しそうで背の高い方は何も言わないけど嬉しそうに頷いてて、僕達幸せですって感じあの距離感は絶対付き合ってるね」 わたし「最高かよ」

◆エピソード『今行くから、バイタルは?』

今私が改札出るときに隣の改札をすごい美人な人が走って通って行ったんだけど、その人電話してて、「今行くから、バイタルは?」って早口で言いながら通り過ぎて行ったの。 お医者さんだよね? ドラマみたいだった。

◆エピソード『ニューオーリンズの路上で』

酔いすぎてニューオーリンズの路上で動けなくなり、朦朧とする意識の中で「アメリカの路上で寝るなんて自殺行為だヤバイ!」という最後の理性をふりしぼり、「侍的な威圧感をかもし出せば襲われないかも」と座禅を組んでそのまま寝落ちして、目が覚めたら目の前に数セントが置かれてた事があります。

◆エピソード『聞いて!!俺やったよ!』

1 2 3 4





世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。



  • 話題の動画をまとめよう