1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

エア盆栽だけじゃない。ちょっと「斬新すぎるBonsai」たち

スカル盆栽はちょっと斬新すぎる・・。

更新日: 2016年02月02日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
178 お気に入り 64481 view
お気に入り追加

▼ エア盆栽が話題に。

空中盆栽と名付けられた浮遊するミニ盆栽は、鉢の形をした下にある「energy base」と、苔玉の下側にある「litte star」の磁石の力で浮かぶことが出来るようになっているのだそう。

日本の伝統文化を現代のテクノロジーをうまく融合させたこのエア盆栽、盆栽に馴染みのない若者や外国人にも受け入れられるかもしれない。

エア盆栽。個人的にはあまり良い発展形とは思わないけど、実際目の前にしたら間違いなく釘付けになっちゃうな。

▼ 斬新すぎる「盆栽」をまとめてみました。

◇ 「Kasokudo Bonsai Planter」

加速度・盆栽・プランターのことでしょうか。ネーミングも日本に住む私たちの想像を軽々と飛び越えています。

驚くほどスタイリッシュ。自動車デザインにインスピレーションを得た盆栽鉢「Kasokudo」 bit.ly/1svIYpf pic.twitter.com/mADjLWdl0y

◇ 「スカル盆栽」

何と頭蓋骨の形をしたスカル盆栽を世に放ったのである。まさに見るものにインパクトしか与えない、究極の盆栽だ。

バックスタイルは、頭の後ろのモヒカンラインが剃っているような感じで、うららかな春の小川のように見えてきてしまうこの不思議。

細部までしっかり再現するために、ひとつの型につき九つまでしか鋳造できないそうで、貴重です!

◇ 「壁掛け式盆栽」

盆栽を壁に飾るという斬新な発想と、無駄のないスッキリとしたデザインからは、盆栽のある種野暮ったいとも言えるイメージは微塵も感じられない。

むしろ、鉢に植えるよりも木々の躍動的な曲線の魅力を最大限に引き出してくれるのかもしれない。

こんな横に置いちゃっても大丈夫なの?と思いますが、説明によるといろいろと工夫がされていて落ちたりせずにクリーンに使用できるとの事。

◇ 一円玉サイズ

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう