1. まとめトップ

ワンルームマンション投資は儲かる?新築ワンルームが儲からない罠

新築ワンルームマンション投資をするサラリーマンなどが増えていますが、儲かっていない人が大半です。それは、最初から販売価格が非常に高くて、広告費などが上乗せされているからです。ワンルームマンションには、中古品に自分で住むぐらいしか用途がないでしょう。

更新日: 2016年02月02日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1596 view
お気に入り追加

購入層として目立つのが公務員や看護師、自衛官など安定収入がある層と、30代を中心とした若い世代という。

頼みもしないのに営業マンが提案「いい商品だから」と提案してくる金融商品にまとものものはまずない。

ワンルーム投資が儲からない理由

Photo by Digital Vision. / Photodisc

新築ワンルームは、建築の計画と販売を行うデベロッパーの利益が価格にふんだんに乗っているため、かなり割高な商品に仕上がっているのだ。

ワンルームは修繕積立費や管理費がかかる上に、価格の割に金額は少ないが固定資産税も当然掛かる。

ローンでワンルームマンション投資を行っている人は、「借金をして株式投資をしている」のと同じなのです。

普通に考えたら投資用の新築マンションでは利益は残りませんし、ローンを組んだ段階でキャッシュフロー上マイナスになるのはわかりきっています。

ディベロッパーの利益を上乗せ

デベロッパーはこの普通に建てた場合の原価(1,500万円)に1.5倍程度の利益を上乗せした売値をつける。

600万円で建つものに対して、土地を含めて1500万円に1.5倍の利益を上乗せして2500万円で売る。

新築1Rには、販売会社の利益があほほどのっています。はっきり言って「ぼったくり」の世界です。海外のREITを買いましょう。

1,500万円で建てたものを2,500万円で売るのだ。このような値段設定の商品を普通に市場に出しても売れないので、自社または販売会社で多くの営業マンを雇い果敢な営業活動

1Rや1Kの初期投資にまず2000万も投資する事が間違っています(2000万なら3~5物件)相当な新築優良物件でもない限り1物件で2000万はペイできません

計算ではキャッシュで買っても儲けがほぼ出ないのに、ローンで多少税金が戻った所で儲けにはならない気がします。

不動産に内在しているリスク

土地神話に近い、「不動産=安心」という感覚が根本にあるのだと考えます (^^)

*土地が1円の価値を持たなくなる事を想定していないのです。

マンションだって不動のものではありません。国や国際社会のの経済危機となれば株同然にボロボロに売られます。

元を回収するのに、20年も30年もかかっていたら、自分が生きてるのかさえわかりません

新築ワンルーム物件の全てが割高である

Photo by Digital Vision. / Photodisc

ここまで読めばわかると思うが、新築ワンルーム投資を何故避けるべきなのかというと、割安な物件が全くないからである。

不動産のプロであるデベロッパーがより高く売れるよう綿密な計画を練って販売を行いるからだ。

業界の仕組み上、新築物件は割安なものが全くないことがお勧めしないことの理由だ。

一般的な話として、新築マンションの価格は人が住んだ瞬間に少なくとも2割程度は下がるといわれているからです。

新築マンションでは、表面利回り10%オーバーはほとんどないと思います。つまり、新築マンションでは儲かることは少ないでしょう。

新築ワンルームで儲かっている人は少数

Photo by Digital Vision. / DigitalVision

私も関東圏の都市部にひとつ持っていましたが、2年間持っていて、ほとんど儲かりませんでした

1 2 3





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう