1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

金メダル獲得のキーマン?サッカーリオ五輪代表の"秘密兵器"たち【ファン・ウェルメスケルケン・際】

AFC U-23選手権カタール2016を制してリオ五輪出場を確定させたU-23サッカー日本代表。今後、本大会に向けての人選が本格的に始まりますが、協会は未招集の選手達にも注目しています。特にJリーグでプレーしていない選手の情報を収集しているとのこと。そこで、注目すべき秘密兵器をまとめてみました。

更新日: 2016年03月15日

32 お気に入り 77401 view
お気に入り追加

五輪出場が決まったサッカー代表…本大会に向けた選手選考が始まる

Sai van Wermeskerken during the team presentation of Fc Dordrecht on July 13, 2015 at the GN Bouw stadium in Dordrecht, The Netherlands.(Photo by VI Images via Getty Images)

サッカーリオ五輪代表がAFC U-23選手権カタール2016を制して五輪出場を確定させました。今後、本大会に向けての人選が始まるわけですが、協会は未招集の"海外組"にも注目しているようです。


サッカー海外組というと本田や香川のような有名選手が思い浮かびますが、ワールドワイドなスポーツであるサッカーには数多くの"裏海外組選手"が存在します。

それはU-23世代も例外ではなく、まだ召集されていない海外組選手が何人もいます。

そこで、協会が注目しているという未招集のU-23世代選手をまとめてみました。なお、ここではJリーグでプレーしていない注目株を載せています。

リオ五輪出場を決めた手倉森ジャパンが本大会へ向けて、オランダ2部ドルトレヒトに所属するDFファン・ウェルメスケルケン際(21)をリストアップしていることが31日、判明した

際はオランダ人の父親と日本人の母親を持ち、オランダ南東部のマーストリヒトで生まれた。

日本協会が際サイドに水面下で接触。4位だったロンドン五輪を超える成績を目指すU―23日本代表の隠し玉になる可能性が出てきた。

日本とオランダのハーフで高校卒業後にオランダへと渡った

(L-R) Sai van Wermeskerken of FC Dordrecht, Hakim Ziyech of FC Twente during the Dutch Eredivisie match between FC Twente and FC Dordrecht at the Grolsch Veste on May 10, 2015 in Enschede, The Netherlands(Photo by VI Images via Getty Images)

エールステ・ディヴィジ・FCドルトレヒト所属
ポジションはFW

2歳のときにオランダから日本へと渡り、高校卒業までは母の祖国で暮すことになる。2008年から2013年までの6年間はヴァンフォーレ甲府の下部組織に所属していた。その後単身オランダへと渡り、ドルトレヒトとのプロ契約を勝ち取った。

特に2008年から2013年までの6年間はヴァンフォーレ甲府の下部組織に所属している。

13年からオランダでプレー。15年5月10日のトゥエンテ戦で1部リーグデビューを果たした。

厳しい欧州の環境で経験を積んでいる

Sai van Wermeskerken during the team presentation of Fc Dordrecht on July 13, 2015 at the GN Bouw stadium in Dordrecht, The Netherlands.(Photo by VI Images via Getty Images)

多くの日本人選手は「助っ人外人」として渡欧するが、際の場合はアマチュア契約からのスタートだった。日蘭ハーフとは言え日本育ちの為、言葉や文化の面で苦労することが多かったと語っている。特に、自己主張が苦手という日本人共通の悩みを乗り越えることには苦労したという。

高校を卒業し、オランダへ渡ってから3年。最初の2年間はリザーブリーグで研さんを積み、そして今季プロ契約を勝ち取った

「行った当初はプロの話も出ていましたが、体が出来上がっていないし、サッカーも違うので、オランダに馴染むまではセカンドチームでプレーすることになりました。なので無給のアマチュア契約です」

いわゆる助っ人外人として渡欧する日本人選手とは違い、アマチュア契約からのスタートであった。

「僕のプレースタイル的にも海外のほうが良かったと思います。説明は難しいですけれど、僕の中ではオランダ的サッカーのほうがやっていて楽しい」

「あと経験値が違う。日本にいるより経験できることが違う。こっちに来て良かったです」

日蘭のいずれを選ぶかは分からないが…やる気は満々だ

「呼ばれたらどちらでも。ただ来年のオリンピックに出場するためには、どちらかに呼ばれるよう試合に出続けるしかないと思いますし、出ていれば呼ばれると信じています」

代表は日本とオランダどちらを選びますか?という質問に対して

「五輪は出る気満々です。代表に呼ばれるために何ができるかと言えば、僕を呼ばざるを得ない環境を自分で作ること」

「今シーズンはドルトレヒトで1番を目指したい。そうすればおのずとリオ五輪を狙えると思ってます」

MLS・トロントFCから1位指名を受けた遠藤翼にも注目が集まる

2012年から米国の名門メリーランド大学に入学し、同大学サッカー部のエースとして活躍を続けてきた。今年のMLSドラフトではトロントFCから1順目指名を受けた。これは日本人サッカー選手史上初の快挙である。

メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCは、14日に行われた2016 MLSスーパードラフトの1巡目でメリーランド州立大MF遠藤翼を指名した。

今季は右サイドハーフとしてプレーしているが、トップ下でのプレーも得意とする。

「彼はスマートで、賢く、両足を使える。チームメイトにチャンスを提供でき、自分自身もチャンスを決め切る力を持っている」

トロントの指揮官であるライアン・ネルセン監督

JFAアカデミー出身の遠藤はまさに海外流出した原石と言えるだろう

1 2 3





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう