1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

節分で子供のかなしい事故が起きてる…

楽しいはずの節分にこんな危険がひそんでいたとは。。

更新日: 2016年02月02日

zawawa23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
59 お気に入り 253979 view
お気に入り追加

じつは毎年起きている豆の誤飲事故

2月3日は節分です。楽しい行事の一方で、子どもが豆を気管支などに詰まらせる事故が、毎年起きています。

小さな子どもが豆を食べたり、豆を拾って口に入れたりして誤って吸い込み…

小さな子ども(主に3歳以下)の場合、乾いた豆やナッツ類を上手に噛みくだいて食べることができません。

そのため、口に入れた豆が、消化管ではなく気管へ入ってしまう「気管支異物」が起こります。

取り除くには全身麻酔をするなど、医師の大がかりな処置が必要で、最悪のケースでは1歳の子がピーナツで死亡した事例もあります。

消費者庁は、節分の日を前に、豆やナッツ類による乳幼児の事故に注意し、3歳ごろまでは食べさせないよう呼びかけています。

母の友人は1歳の赤ちゃんをピーナッツ吸い込みによる窒息で亡くしたそうだ。という話を子供の頃から聞かされていた。ちびっこに固い豆、ほんと怖い。

スーパーの節分コーナーで息子はまだダメと誤嚥の話夫にする→家でもピョン食いする息子注意してこんな風にして誤嚥事故発生すると夫に教える→寝る準備中にピョン食いしてむせて毛布にゲロー夫の側で…←お前何聞いてたの? 怒りを抑えながら「ね?危ないから座って食べるよう注意してしてね」と注意

誤嚥(ごえん)…口の中や胃の中のものが誤って気管に入ること。ホント危ない…

画像は応急手当てのやり方。いざという時のために知っておくと◎

豆を鼻や耳に詰まらせてしまう事も。。

指やピンセットで取ろうとするとかえって押し込んだり傷ついたりするので、取れない場合は耳鼻科へ行くようにしてください。

ラジオ聞いてたら、節分の豆を鼻の穴に入れて取れんようになって、耳鼻科の世話になる子供が多いんやて。基本男のコ。

ウチのあきとは、小さい頃豆(ピーナッツ)を耳の穴に入れて取れなくなりました(´・ω・) 耳鼻科直行 twitter.com/kahoku_shimpo/…

この事故はちょっと大きくなったいたずらっ子にも多いとか。耳の穴も要注意です!!

まいた豆で転倒するキケンもある…!

「鬼は外!福は内!」と部屋の中で豆を撒くのがほとんどだけど…

豆を踏んづけたり、滑って転んでしまったりと、地味だけどかなり痛〜い体験をした人もちらほら。中には病院送りにされた人まで!

夢中になってしまい、足元に転がった豆にうっかりして、転倒してしまうらしい

子供に豆まきは「遊びではない」ということを教えておくことが、ふざけを無くし、転倒などの怪我を防止することにもつながります。

恵方巻も丸かぶりは喉に詰まらせやすい

節分の日に、縁起の良い方角を向き、丸かぶりすると福が来るという「恵方巻き」

恵方巻ね。 太巻き食べたいなら切ってお食べなさい。 丸呑みなんて下品で危険。 息子が2~3歳の時、のり巻きを喉に詰まらせ死にかけた。 みるみる顔が青ざめ、急いで夫が逆さにし背中叩いて吐き出させた。 切った小さなのり巻きでそうだ。まして太巻き一本。 死人が出る前にお止めなさい。

ついでに、もうすぐ「節分」(恵方巻きを食する日)も近いことから。 巻き寿司に使われているものと言ったら「かんぴょう」。 ところが、そのかんぴょうも人によっては喉詰まらせやすい場合も。

1 2





zawawa23さん

気になったことをまとめて行きます。どうぞよろしくお願いします♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう