1. まとめトップ
  2. 雑学

試したい!行列の待ち時間がわかる法則があった

知ってる方も多いかと思いますが、あらためて「待ち行列理論」「リトルの法則」についてまとめました。

更新日: 2016年02月08日

yutoto12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
547 お気に入り 101649 view
お気に入り追加

いたるところにある行列

観光地やテーマパーク、美味しいと評判のお店など

某食べもの屋さんの行列に並んでみました。どのくらい待つかなあ。

お腹すいてたり寒いとキツイ…

@saaaa1306 ぐぁぁ。待ち時間あるのは仕方ないけど、どのくらい待つかは知りたいよね。

わからないと余計に長く感じる

行列の待ち時間を求める計算は「待ち行列理論」と呼ばれ、立派な学問として研究されている

1番カンタンな「待ち時間がわかる式」は

[自分の前に並んでいる人数]÷[1分間で自分の後ろに並んだ人数]=待ち時間(分)

例えば10人待っている行列に並び、1分間で後ろに2人が並んだら、10÷2で待ち時間は5分

めっちゃ簡単…

もちろん確率の問題ですから、正確には「平均」どのくらい待つか

多くの検証実験で誤差がほとんどないことから、非常に信頼性の高い法則として今も活用されてる

ほんとか?って思っちゃう

ただし、条件がある

・列の長さが急激に変わってないこと
・割り込みがないこと(あたりまえw)

時間が経つにつれ行列の長さが変わるような場合は使えません

開始、終了間際も、あてにならないということ

行列が一定の速さで流れている、絶え間なく継続しているサービスに有効で、その誤差は±30秒以内

進みが一定で列の長さが同じなら、1分間で後ろに並んだ人数 = 1分間で(自分より前に並んだ人が)減った人数となるから

オクトーバーフェストほど、待ち行列のリトルの法則が役に立つこともめったにない

常に一定の時間で商品を提供する屋台や、乗り物なら正確さが増しそう

自分の前に並んでいる人数が多すぎて数えられないとき!

一番正確な「待ち時間」の計り方は

ジャングルクルーズ並び中ー。さすが、土日列長い(^0^;)調査カード初めて渡された。これで、待ち時間調べてたのか! pic.twitter.com/Yco1a4FEXW

並び始めた時に渡されて、乗り場の人数を聞かれる場所でキャストさんに返す。待ち時間の調査をするものだそう

そして待ち時間表示はちょっと長めにするんだとか

「鏡」があると待ち時間が早く感じる?

実際には変わらないけど、気持ちの問題

世の中の「待ち時間」が発生する場所で、お客さんをイライラさせないために最も使われている方法が「鏡を設置する」なのだそう

発祥はアメリカ。ある高層ビルのエレベーターに鏡を設置しただけで、「遅い」という苦情が減った

(内部の鏡は、もちろん車椅子のためでもありますが)

それは、「鏡を覗き込み、身だしなみを整えたり、後ろにいる魅力的な異性に目をやったりする時間が増えたから」である

エレベーターの前に鏡を置くことで、「待ち時間」を「待ち時間だ」と思わなくなった

単純だけど、「待ち時間の間に他の事をする」のが有効みたい

1





yutoto12さん



  • 話題の動画をまとめよう