1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今年のサクラが暖冬のせいでなんかおかしいΣ(゚Д゚)

暖冬=桜の早期開花ではないんですね…

更新日: 2016年02月02日

礼ペコさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 54979 view
お気に入り追加

今年も沖縄でサクラが開花したけど…

おはようございます 桜祭りに出かけた妹からの写真! 沖縄は連日20℃超えの春陽気。 北部の桜祭りでは鮮やかなピンクをした桜が咲いてます♬ pic.twitter.com/X7lwZWGaG1

沖縄気象台は21日、那覇市でヒカンザクラが開花したと発表。

沖縄ではヒカンザクラをソメイヨシノの代わりとして観測しており、全国で今季初のサクラ開花に。

しかし、平年より3日遅く、去年より6日遅い開花となった。

ヒカンザクラの開花、なんと去年より遅かったのか…。

今年は他の地域もちょっとおかしい

西日本や北陸を中心に1月後半、寒波に襲われた日本列島だが、全体的に暖冬傾向のため、今年の桜(ソメイヨシノ)の開花予想に異変が生じている。

福岡が3月23日が最も早く、東京と名古屋で26日、大阪では28日。

昨年11月から今月にかけては記録的暖冬で目覚めにくかったとみられ、高知市などでも開花が遅くなるとみられるという。

でも暖冬なのになんで開花が遅いの…!?

サクラは気温が高いほど早く開花する。しかし、暖冬であった年の開花時期は南九州や種子島、八丈島で極端な開花の遅れが観測されている。

これは、暖冬の影響で「休眠打破」がうまくいかなかったことが原因と考えられる。

桜の開花は、一定期間、寒さに触れることで開花が促される休眠打破という性質が影響している

今後、地球温暖化が進行すれば、上昇した気温の影響で開花時期が更に変動、もしくは開花しなくなる地域が出てくる事も予想される。

鹿児島ではヒカンザクラの開花も遅かった

開花宣言は昨年と同じ1月8日になったが、全体としては例年より開花が遅れ気味という。

昨年と同じ日付の開花宣言だが、例年は1月5日前後で、これに比べるとやや遅い。

川畑力・自然観察指導員によると、開花の準備を始めるのに必要な気温の低下が暖冬で遅れたことが原因という。

とはいえ、春はもうすぐそこ…!

1 2





礼ペコさん

礼と書いてペコと読む

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう