1. まとめトップ
  2. カラダ

自分用チョコを買う時に注意した方がいいこと

意外と見落としがちな点がいくつかありました

更新日: 2016年02月02日

166 お気に入り 154290 view
お気に入り追加

人気が高まる「自分用」♪

今年のバレンタインは日曜日。義理チョコ需要が減るとみられる中、各店は「自分用」をターゲットにニーズに応えています。

自分チョコは近年、本命チョコや義理チョコよりも購入する人が多いと言われるほど人気となっています。

「美容にもいい!」けれど…

「カカオは美容にいい」と言われているので、意識して摂っている人もいるかもしれません。

実はコンビニなどで買える身近なチョコレートはダイエットの敵、チョコレート味の砂糖の塊かもしれません……!

甘くておいしいチョコを仕上げるためにチョコにはたくさんの糖分(砂糖などの甘味料)が含まれています。

買う時は「原材料」を見て!

つい見た目や値段だけで選んでしまいがちですよね

チェックしてみると、1番最初に「砂糖」、2番目、3番目に本来のチョコの原料カカオマスの表示があるものが多く販売されています。

もしも「砂糖」が一番最初に書かれてあったら…それは「チョコレート味の砂糖菓子」と言えます。

本来チョコはカカオマスを原料として甘みを追加したものを言うので、本当のチョコは原材料名の最初にカカオマスが来なきゃいけないんです。

一番多く使っている材料が一番最初に書かれるんだそうです

特にこんな味には気をつけて

ホワイトチョコや抹茶チョコなどにはカカオマスすら入っていないことがあります。

原材料欄を見て、「カカオマス」が一番最初に書かれていれば問題無いのです。

良いチョコレートは味もやっぱり濃厚なのですごくコクがあって、少ない量でも満足ができると思います。

買うのも当日までにすませるのが◎

人気商品は2月14日前に売り切れてしまうことが多いので注文は早めにしてくださいね。

買いすぎても冷蔵庫には入れない

冷蔵庫で保存という人も多いはず。しかし、冷蔵庫に入れると場合によってはおいしさが損なわれてしまうことをご存じでしょうか。

冷蔵庫にポンっと入れておくと、冷蔵庫の中にしまっているいろんな食材のにおいがついちゃうんです。

生クリームなどが入ったものは要冷蔵ですが、その他のチョコは暑い時期以外は常温保存でかまいません。

種類によって違うので注意書きを確認しましょう。特に専門店で購入した場合は、店員さんに確認する方がベターです。

1





チョコバナナクレープさん

クレープといったらチョコバナナっしょ♡

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう