1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

まだまだ面白くなりそう…「あさが来た」終盤に豪華キャストが続々登場

高視聴率連発の「あさが来た」。終盤へと物語は動き出していますが、これから登場してくる俳優陣もこれまた豪華なんです。

更新日: 2016年02月03日

33 お気に入り 146473 view
お気に入り追加

▼高視聴率連発の「あさが来た」

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」が好調だ。幕末から大正という激動の時代を駆け抜けた女性実業家・あさ(波瑠)の生涯を描く作品だが、視聴感は爽やかで、脚本や演出、役者陣の演技のうまさが光る。

今日のあさが来たは、難破船の話でハッとさせられ、よのさんと千代が一緒に寝るシーンで私もよく祖母の布団にころがりこんでたことを思い出してジーンとしたりと忙しい回だった 15分にたくさん詰まってて本当に面白い

朝ドラ「あさが来た」が面白いかどうかは別として扱っているテーマはすごく面白いなあ。

俺、毎日仕事で朝は 会社行くのが早いから 朝ドラ「あさが来た」は見れないので BSで毎日23時に 朝ドラ「あさが来た」を 見てんねん(*^^*)✨ いつも面白いな(*^^*)✨

「あさが来た」は、時代の流れと生活様式の移り変わりがみえて面白いね。 それでも和装洋装といてフリーダムで面白いですね。

▼物語は早くも怒涛の後半戦へ突入

1891年(明治24年)開業から3年が経った加野銀行は順調に業績を伸ばし、大阪の名門企業の一つになっていきます。あさは女性実業家として新聞や雑誌といったメディアに繰り返し紹介され、いつしか有名人に。

あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)の商いは順調だが、娘・千代(小芝風花)は成長するほどにあさへの反発を続けていた!

あさは千代の将来の話から自分の夢の話にすり替えちゃってる感が。今日見て千代はお嫁さんになりたいと強く思ってるわけでもなくて親への反発から言ってるだけだと思った。結局、母と娘で腹を割って話せてないのが一番の原因なんやろうな #あさが来た

あさと千代の対立、あんな風にぶつかりあうだけまだいいのかもしれない。価値観の違いはどの時代にもあるけど、最近はぶつかり合うことを避けてしまい、返ってこじらせるケースが多い気が #あさが来た

▼これから登場する豪華キャスト

帝国大学の学生・東柳啓介役として2月23日放送回から登場する工藤阿須加は、あさの娘・千代(鈴木梨央→小芝風花)の結婚相手ということで注目を浴びている

高橋英樹が演じるのは、後に総理大臣になる明治日本の立役者の一人である大隈重信。女子教育について堂々と語るあさの熱意を認め、女子大学設立への協力を約束する。

松坂が演じるのは良妻賢母の鑑といわれる大隈重信夫人の綾子。あさの女子教育への熱意に共感し、支援し続ける。

▼気になる今後の展開は

銀行の開業後は、次の大きなヤマ場は女子大の設立です。五代亡き後は、成瀬仁蔵がモデルの成澤泉が次なる重要人物として登場し、あさとともに日本初の女子大となる日の出女子大の設立に奔走します。

出典http://www.歴ドラ.com/archives/1350

(制作統括)佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサー「いよいよ、あさが日本で最初の女子大学設立に向け奮闘を開始します。」

しかしあさが来たのモデルの浅子さんってそんなすごい人なのに今までちっとも知らなかったなー。 うちの母とか叔母とか旦那母姉妹もみんな日本女子大だけど成瀬仁蔵さんのことしか言わんもん。

あさが来た、とうとう日本女子大の話にたどり着いたのか~!朝ドラは3月までたもんね~

あさが来たの雁助さんとうめさん。これは予想外だった…これは…´д` ; いつかうめさんのところに戻って来てほしいけど 2人はお互い思いながら別々に生きていくのか… 原稿の神様 渋澤様から話を聞いたあさと新次郎は「人を作る」教育の構想に感銘を受けた様子でここから女子大設立への道が…

1





しっぽぷりんさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう