1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

■ 上田晋也主演で漫画『天才バカボン』が実写ドラマされる!

赤塚不二夫原作の国民的ギャグ漫画『天才バカボン』が3月放送の日本テレビ系スペシャルドラマとして初めて実写化されることが明らかになった

バカボンのパパ役をくりぃむしちゅーの上田晋也が、バカボンをおかずクラブのオカリナが演じる。

■ 赤塚不二夫の国民的ギャグ漫画「天才バカボン」

2008年に死去した漫画家・赤塚不二夫さん(享年72)の代表的ギャグマンガ「天才バカボン」

「天才バカボン」は、マンガ王国・日本の歴史に燦然と輝く名作。作品中には、誰もが思いつかない哲学的な笑いがあふれ、その笑いはときを経ても色あせることはない

連載第1回は、1967年4月9日の『週刊少年マガジン』であり、1978年12月号『月刊少年マガジン』で一応の完結を見るも、その後も現在にいたるまで、単なるギャグ漫画の枠を超えて各種メディアに取り上げられています。

産まれてすぐに歩き出し、会話も出来た天才。でも生後2ヶ月目にくしゃみをした瞬間に頭のねじが外れ、あのようになったのである。まさにシュールリアリズム。

バカボンだけでは無い!おまわりさんやレレレのおじさんを始めとした強烈なキャラクターこそが赤塚不二夫ワールドそのものなのだ!

■ 今回は2016年を舞台にオリジナルストーリーを展開するという。

昭和の国民的漫画として今も変わらない人気を誇る「天才バカボン」は、意外にも本作が初の実写ドラマ化。

2016年を舞台に、原作の世界観や昭和のよき雰囲気を残しながらストーリーが展開される。

撮影は原作のエッセンスを織り込んだオリジナルストーリーで、パパとママのなれそめや、バカボン風“壁ドン”シーンも。

バカボンのママを松下奈緒(31)、バカボンの弟・はじめちゃんをオーデションで1000人から選ばれた子役・早坂ひらら(4)、そしてバカボンにブレイク中のお笑いコンビ・おかずクラブのオカリナ(31)が起用された。

しかし、なぜ上田さんがと思いますが…

バカボンの実写…!ちょっとだが期待したけど、なぜにくりぃむの上田……w

バカボンのパパ役なんて怪我しかシないだろうに、上田さんよく引き受けたなあ……。natalie.mu/comic/news/174…

えっ!? くりぃむの上田さんが!? バカボンのパパ!?

■ 出演は本人が希望!上田さんの「やってみたい」発言がきっかけだったという!

上田さん、昔から似ていると言われていたそう。自分きっかけっていうのは意外!

もともと、番組プロデューサーと親交のある上田が2年ほど前にバカボンの実写化をアイディアとして提案したところ、実現。

昔からパパ似と言われていた上田が「やってみたいな」と何げなく言ったことがきっかけで企画がスタート。

赤塚さんが特に大事にしていた漫画であることからフジオ・プロはこれまで実写化案をすべて断ってきたそうだが、バラエティー出身の栗原氏のギャグセンスと家族を描いたストーリー、キャスティングのハマリっぷりにOKが出たという。

赤塚不二夫氏の生誕80周年イヤーだったこともあり、いいタイミングだったのかもしれませんね。

上田は「願えば叶うもんだなぁというのが正直なところ。ありがたかった」と感慨深げな様子。顔の深いシワをいじられることも多い上田は、パパの特徴であるおでこのシワにこだわり

1 2





chat01574さん



  • 話題の動画をまとめよう