1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

もうやめて…北朝鮮の暴走っぷりに世界が振り回されてる

もういい加減にしてほしいですね。。

更新日: 2016年02月04日

垢丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 271797 view
お気に入り追加

3日朝、速報で入ったこのニュース

北朝鮮は国際機関に対し、今月8日から25日の間に「人工衛星を打ち上げる」と通告

国際社会はすぐさま反応。

「国際社会は北朝鮮の動きを無責任な挑発、かつ明らかな国際義務違反と見なすだろう」

「朝鮮半島はもちろん、全世界の平和と安保に対する重大な脅威となり、国際社会が酷烈な代価を払わせることになることを警告する」

「明白な安保理決議違反であり、我が国の安全保障上の重大な挑発行為であります」

このタイミングは、あからさまな挑発

核実験による国連安全保障理事会の制裁決議が協議される中、長距離ミサイル発射計画を通知したのは国際社会に対する挑発

1月末には、安保理の会合に出席した日本の吉川国連大使が、北朝鮮に圧力をかけるために改めて強力な制裁の必要性を訴えていた

発射台があると見られる北朝鮮の東倉里(とんちゃり)

北朝鮮にあるミサイル発射台には、覆いのようなものがかけられ、人や車両などの動きが活発になるなどの兆候があった

他にもこの1ヶ月で発射台周辺を覆っていた雪がきれいに除雪されていた

これにより、アメリカ政府は北朝鮮が2~3週間以内にもミサイル発射を実施する可能性があるという見方を示していた

今回の発射で、ロケット3発が落とされる見込み

北朝鮮から南に発射され、落下するロケットの予想位置として東シナ海、フィリピン・ルソン島沖など3カ所の海域が指定されている

沖縄本島のほか石垣島や宮古島など先島諸島に部品が落下する可能性もある

この緊急事態に、政府もザワつく・・・

自衛隊は発射に備え、すでに航空自衛隊の迎撃ミサイル「PAC3」を東京の防衛省や埼玉県の朝霞訓練場などに配備

全国に配備されているPAC3を移動させ、落下が予想される海域周辺の防御を強化する

また、弾道ミサイルを追尾することができる海上自衛隊のイージス艦をすでに日本近海にも展開している

Xデーは今月16日が濃厚か

1 2





垢丸さん



  • 話題の動画をまとめよう