1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

歩行者を守る!安全に誘導するデザインが画期的

これはすごいw

更新日: 2016年02月03日

tiejiheさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
113 お気に入り 94106 view
お気に入り追加

歩行者が横断歩道でぶつからないように誘導する

出典irorio.jp

あれ、この横断歩道だと細くなってる方へ行きたくなる。

みんな、同じこと感じてるみたい。。。

出典irorio.jp

デザインで自然と誘導されて対面を歩く人と、見事にぶつからない。

歩行者を片側通行に誘導する

大人数の往来がある駅などの公共スペースでは、各々が自由に歩くと思わぬ混雑を招いてしまう

歩くと床がまるで流れているように見える「敷くだけで片側通行を実現する完全無電源の歩行誘導シート」を開発

歩行者が前進すると足元に図柄が流れて見えることを利用して、歩行者の進行方向を誘導するという仕組み

錯覚で、矢印が動いて見える原理を応用してるんです。

マーケティングとして、お客を誘導することも

こちらは、賛否両論もあったキワモノ系ですが。

床は平らだ。しかし、お客はゆっくり歩くことになり、結果、店で商品を見て過ごす時間が長くなる

注意して歩く→商品に辿りつく。生理的に行動をつくってるのがすごいな。床にだって課題解決のヒントがあるのか。/「お客が店内を走らなくなった床?」いいえ、マーケティングです huff.to/1RxtBdR #広告空論 pic.twitter.com/GZ3gdz34cE

車を誘導して、歩行者を守ってくれてるデザインも

交差点ハンプ pic.twitter.com/Fzm5CKOqZJ

ここから歩行者が多くなる道路に設置してあるハンプというコブ。

速度を落とす方法で、道がジグザグにさせます。こうした方法も各地で取り入れられて、有効とのこと

ハンプは、車のスピードを抑えるために開発されたコブ。道を急ぐドライバーでも、おもわずブレーキを踏まざるをえない

しょっちゅう正面衝突事故が起こる「魔のカーブ」がありました

標識を立てたり、カーブミラーを設置したりなど多くの対策をしたが事故は一向に減りません

ガードレールを外し、センターラインをなくすと、事故が半減した

減らすことで不安という感情を錯覚させて、スピードを落とさせることに成功。

細くてグネグネした道路をすごいスピードで車を走らせてる人がいたんだけど、その道がグネグネしてるのは地域の人のためのコミュニティ道路だからであって、あなたの運転技術を磨くところじゃないよって言いたい

中には、デザインの効果が薄い人もいますが…。

1





tiejiheさん

日常を大切にしています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう