1. まとめトップ

セブンイレブンのフランチャイズ開業の前に知っておきたい事実!独立開業の難しさ。

セブンイレブンなどのフランチャイズビジネスは、『誰でも店舗を開業できる』という事で、脱サラしたサラリーマンなどに人気がありますが、その一方で独立開業するのに大きなリスクと危険性がある事が知られてきました。

更新日: 2016年02月04日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 2205 view
お気に入り追加

定年もないし、嫌な上司もいないから、お気楽~という考えでは到底できない仕事です。

◆ 厳しいセブンイレブンのフランチャイズ

フランチャイズ方式だと、セブン本部にリスクがほとんどないのだ。出店を規制するフランチャイズ法もない。店を増やせば増やすだけ、売り上げが上がり、利益もとれる。

最悪、売上激減による経営苦に押し潰されたオーナーや妻が過労死したり、自殺したり、自己破産したケースをみてきている。

オーナーたちの命を奪うほどの出店をセブンーイレブンは繰り返しているのか。理由は単純だ。ドミナントがチェーン本部の利益を上げるのに有効な戦略だから

◆ セブンイレブンは、夫婦出店を奨励

セブンイレブンをやるのなら、奥さまの協力は不可欠です。お店は2人でオープンさせなくてはいけません。例外がないわけではありませんが、ほとんどご夫婦です。

オープン後、半年一年は休めないと思ってください。また夫婦で交互でお店に出ますので、すれ違い生活です。

売り上げが安定すればそれなりに人を雇えますので、うまくやれば休みをとることはできます。

◆ オーナー自体が過酷労働を強いられる

赤字になってしまうためにあらゆる点でコストをカットしなければなりません。真っ先に削られるのはなんでしょう?それは人件費です。

24時間お店は営業中です。減らされたアルバイトの穴埋めをするのは…そうです。固定給で雇われている私です。

◆ 売り上げを出さないと厳しい業界

商品力、立地、顧客満足度など、どれを取ってもセブンイレブンが圧倒的です。

立地も重要ですが1番重要なのは利益です。ちなみに平均日販36万の店でトントンです。

◆ 自分自身が接客は好きかどうか?

フランチャイジー(加盟店)に裁量がほとんどなく、年間3000時間以上の長時間労働を強いられるというビジネスモデルです。

◆ セブンイレブンの開業による収入

収入は、平均日販が月収と思ってください。一日平均30万円の売り上げがあるなら、オーナーの収入は30万円

(店長が)発注などいろいろと仕事が多いようで、必ず1日に1度はセブンイレブンにやって来ています。むしろいない日を見たことがありません。

◆ 教育が上手な店長もいる

経営のうまいオーナーは自分は何もしないで、自分の分身に仕事を任せ儲けてる人もいます。つまり教育がうまいんです。

1 2





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう