1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

食べたらヤク中に…中国で売られたラーメンが酷すぎ

これは悪意ありすぎる…

更新日: 2016年02月04日

robertoRoccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
95 お気に入り 327611 view
お気に入り追加

中国全土のレストランで…

複数のレストランで、調味料として「ケシの実の粉」を違法に使用

北京を含む中国全土、35の食品会社で発覚。

日本ではケシの実が得られる品種の栽培は、麻薬法によって制限されてる

調査で、ケシの使用でモルヒネやコディンなどの成分が検出

モルヒネもコデインも依存性の高い薬物

ケシ殼ってのがトレンドに上がってたので何だろう?って調べたら、北京のラーメン屋が自分とこのラーメンに調味料として入れていたとか(・_・;

その理由が、酷かった。

【現地の店主】
「ケシ殻は持ち出さないでよ、捕まるから。毒ドラッグだから。ケシ殻は煮込めばおいしくなる。足りなければまた入れるよ」

違法と知った上で…?

【2014年にも】
火鍋、麺類、ザリガニ料理など飲食店の多くで、調味料として「ケシの殻」を使うことが「暗黙の了解」となっている

中国で食品にケシを添加するのは珍しいことではなく、2010年と12年にも同じようなケースがあった

おかしいだろ。。

中国でケシ入りラーメン出してた店が検挙されたってニュース、いったいいつのやつだよ、なんで今ごろ話題に……と思ってリンク踏んだら普通に先週のニュースだし、定期的にあるのか、中国は、こういうの

今年もまたニュースに…

当然、医者も政府も止めているが

医師「使用してはいけない。食べてもいけない。長期的に食べると依存症になる可能性があります。毒ドラッグと一緒です」

食事をした客が尿検査の結果、アヘン使用と認定されて行政拘留処分を受けるなどの事態にまで発展

なんで、なくならないの?

「おいしさが増す」「料理を食べた客は病みつきになる」などと考えられていることが使用の絶えない原因

調査によると、違法なケシの実が一般市場に出回っており、その主な購入者はレストラン経営者

違法行為であるにもかかわらずケシガラの入手は簡単で、ネットで堂々と販売する店も確認されている

こわいわ…

1





robertoRoccさん



  • 話題の動画をまとめよう