1. まとめトップ

自衛隊の『情報保全隊』が戦前の憲兵隊になってた!市民の実名・勤務先を収集・監視!

自衛隊の『情報帆全体』が戦前の憲兵隊になっている事が明らかになりました。集会などを自衛官が監視して、個人情報を収集していたというのです。市民を監視する戦前の『憲兵隊』が自衛隊内部に存在するという恐ろしい事実に裁判で『違憲』判決が下されています。

更新日: 2016年02月05日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 667 view
お気に入り追加

*自衛隊は、市民をいちいち監視する前にやる事あるでしょ。

自衛隊の市民監視の『違法行為』

自衛隊の情報保全隊による市民集会の監視に対し、違法性を認める司法判断が重ねて示された。

仙台地裁がプライバシー侵害の判決

仙台高裁判決は、5人の1人で反戦ライブ活動をしていた男性に10万円を支払うよう命じている。非公表の本名や勤務先などの情報収集で「プライバシーを侵害された」との判断

また保全隊が「国民春闘」や「小林多喜二展」など自衛隊と無関係なものまで監視対象としていることを「必要性が満たされない」と無制限な情報収集に歯止めをかけました。

イラク派遣の反対集会を監視

自衛隊イラク派遣に反対する集会を監視し、市民の個人情報を集めていたことをめぐる訴訟だ。

情報収集は、保全隊の内部文書に記されているとして共産党が07年にコピーを公表したことで表面化した。

自衛隊が市民の『憲兵隊』になってた事実!

「情報保全」は「Intelligence Security」、「Counter-Intelligence」の和訳とされており、防諜を意味する。

戦前の『治安維持法』で民間人の逮捕

戦前の憲兵隊は、兵隊の取り締まりの他に警察と同等の権限を有していたそうです。治安維持法違反などの捜査をしており、民間人も多数逮捕

参考リンク

1





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう