1. まとめトップ

格差拡大を止める!米サンダース議員に若者が熱狂!大学無料化を実現!

アメリカでは、所得の格差が拡大して、家を借りられずにホームレスになる人も増加しています。家賃が払えなくなると、車上の生活を強いられますが、多くの州で車上で寝泊まりする事が違法なので、警察が入ってくると、車を持っていかれてしまいます。残された道はテント生活です。

更新日: 2016年02月05日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1050 view
お気に入り追加

1%の金持ちが富を独占する社会

国民の3%が富の過半数clear majority of national wealthを独占しているというのが、いまのアメリカである。

オキュパイ ウォール街運動

米国のウォール街に1カ月以上も座りこみをしているデモ隊は、「上位1%の富裕層ではなく、下位99%の人々のための政策を」と米国の所得格差に反対して行動を起こした。

昨日までの中流階級と自負していた一般のアメリカ人が、今日には貧困層に転落sink to the bottomするという事態が、いまや日常的に見られるようになっている。

家賃を払えない人が車上の生活

家賃を支払えない人々は、絶望の路上生活に陥る前に清潔さと威厳の最後の段階を保つのが車だ。車輪の上の自宅は幌馬車からRV車まで、伝統的にアメリカ人の生き方の一つだ。

合衆国の多くの地域では、車での寝泊りは違法とされている。多くの都市では、警察が乗り込みホームレスが罰金を払えなければ、車は持っていかれてしまうのだ。

極貧困が急増している米国

住む場所が無くてテントで生活する人々も多くなっています。

多くのアメリカ人にとっては、屋根の下で眠り、少々の食べ物をテーブルに準備することが大変な戦いとなってしまった。悲しいかな、その戦いに敗北する者たちの数が増えている。

多くの州では非合法となっているのだが、今夜、何万人もの元中流アメリカ人が車の中で寝泊りしている。何万人もの人々がテント村や路上で眠っている。

全米の各地において、このような『テント村』が見られるようになっています。家賃を払えないので、テントを購入して『野宿』しているのです。

多くのアメリカ人の銀行口座bank accountは、ほとんど残高がゼロと言われている。

米国では1万1000ドルの所得が貧困層の境界線だが、その半分の所得は極貧層と呼ばれ、2008年には人口の6.3%

大都市がゴーストタウンになる日

自動車の工業都市であったデトロイトは、自動車産業が衰退した事によって中心部ダウンタウンが『ゴーストタウン化』しています。

言いたくはないが、やがては大都市でもフーバービル(貧民窟)ができるだろうよ。社会保障やフードスタンプ、その他の政府の政策が終了すれば無政府状態が始まるだろう

今や4400万人のアメリカ人がフードスタンプをもらって生きている。もしもこういったものが存在していなければ、アメリカの路上は貧窮した人々で溢れていることだろう。

米国で『格差縮小』を訴えるサンダース議員

彼は米国で二番目に小さいバーモント州の無所属上院議員だ。 上院で唯一の無所属であり、唯一の社会主義議員だ。

2015年4月30日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙に民主党から出馬することを表明した。 同年、出馬表明と前後して民主党に入党

サンダースが今回の選挙は「億万長者に抵抗する政治革命」と主張し、 聴衆らは「バーニー! バーニー! バーニー!」と連呼して演説会場の熱気を押し上げる。

中産層が没落して貧困が拡大する経済的二極化状況で、 民主-共和両党の候補が99%を代弁できていないからだ。

バーニー・サンダース上院議員に対し、大統領警護隊(シークレットサービス)が3日から警護を開始

1





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう