1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大丈夫なの?原発の指定廃棄物が「一般ゴミ」になるかも…

福島第1原発事故で増え続ける「指定廃棄物」。環境省が新ルールを決め、一部を「一般のゴミ」と同じ方法で処分出来るようにするらしいです。今までNGだったのに、本当に大丈夫なの?

更新日: 2016年02月05日

zuckzuckさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 16708 view
お気に入り追加

指定廃棄物を「一般ゴミ」にするルールが決まりそう

基準値以下になった指定廃棄物は、環境省と保管自治体が協議のうえで指定解除する

自治体からの要望に応え、難航する指定廃棄物の処分問題を前進させたい狙いがある

自治体の判断で「一般ゴミ」に変更できてしまう

保管自治体の判断で、放射性物質の濃度が基準値以下になった指定廃棄物の指定解除と処分が可能

指定解除は国と自治体が協議して決め、解除後は自治体が通常の廃棄物として処分できるようになる

基準を超えた廃棄物については、引き続き1か所に集約して処分する

現在「指定廃棄物」として判断されているもの

放射性物質により汚染された廃棄物の中でも、放射能濃度が低く一般の廃棄物と同様の方法で安全に処理できるとされているもの

除染廃棄物とは別で、家庭ごみの焼却灰、下水汚泥、稲わらなどがある

環境大臣が指定した廃棄物は指定廃棄物として、国の責任のもと処理される

放射性廃棄物が溜まり続けているから基準値以下なら一般ごみで出しましょだって?基準値を上げてクリアすれば問題ないのか?これぞおもてなしの心だ。

核廃棄物が線量低下したら一般ごみになるというシステムはわかるようなわからないような

放射性物質を撒き散らしてもOKとするそうだ!! バカの極み!! 線量低下で一般ごみ扱いルール 福島原発事故の指定廃棄物 smar.ws/qV61Z

基準を下げても、根本的な解決にはならない

処分場建設は、1カ所に集約せずに分散保管・処分を認め、まず茨城県に伝える

8000ベクレルを下回ったからといって『市町村の責任で処分しろ』というのは無理がある

茨城県高萩市長が、国に対して発言。

指定廃棄物の処分場建設をめぐっては、福島県では富岡町の既存処分場で処分する国の計画を県や地元が受け入れたが、他県では住民らの反対で進んでいない

1





zuckzuckさん

それだけ見ればざっくり分かるまとめが好き(*´∀`)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう