1. まとめトップ
  2. 雑学

なんだコイツ…「くつ下」みたいなキモい深海生物

気持ち悪いだけじゃなかったw

更新日: 2016年02月06日

まっすぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
160 お気に入り 131908 view
お気に入り追加

60年前に見つかった紫のくつ下みたいな・・・キモい生物

お父さんが脱ぎ散らかした靴下のよう。

脱いだ直後のくつ下の匂いがしてきそうな紫のボディ。

こちら、60年前に深海で見つかった紫色の靴下のような姿の生物

あまりに謎すぎて、分類がしきれなかった生物

なんと口しかない。
それなのに肛門がない。
入り口があって、出口がない。

腹側に口があるものの脳や生殖器官、肛門などの多くの動物にある器官がない

口があるのに、肛門がないなら、なにを食べてどっから出しているのだろう?

60年後の現在、やっとわかったことがある

生物が、進化の初期段階の生物だったことが分かった

遺伝子などを詳しく調べた結果、複雑な生物が退化したのではなく、最初から単純な生物だったとの結論に至った

当初は軟体動物と誤解され、複雑な生物が退化して単純な生物になったという説が有力視されていた

しかし、それは全然違った。

ヒトの進化に迫る鍵になるかもしれない生物「珍渦虫」

出典phys.org

「珍渦虫」は、生物進化の謎を握ってるかもしれない。

実は分類学的には珍渦虫とヒトは近縁なわけで、珍渦虫を調べることで、ヒトがたどってきた進化の道筋に迫れるのです

「珍渦虫」は、卵でも分裂でも増えるという変わった性質があり、今後の研究成果が注目される

1





まっすぃさん

仕事の悩み、使えそうなものをまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう