1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

高校生でも使えるの⁉︎ 遠隔操作ウイルスが手軽過ぎてコワイ

近年、遠隔操作ウイルスは片山被告により警察や世間を揺るがすほど、話題となってきています。そんな中、思いもよらないことに高校生が遠隔操作ウイルスによる不正アクセスを起こしてしまうのです。

更新日: 2016年05月27日

rouran2008さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 24973 view
お気に入り追加

高1が不正アクセスをしでかした

他人のパソコンにコンピューターウイルスを感染させ、パスワードなどを不正に入手して売るなどしていたとして、16歳の少年が書類送検された

容疑は昨年6〜7月、都内の40代男性のパソコンを遠隔操作ウイルスに感染させ、男性ら2人のアカウントを不正に取得するなどした疑い

少年はテレビの有料放送を無料で見られるようにする「B-CAS改造ツール」を装って、遠隔操作ウイルスをインターネット上にアップした

不正アクセスで二千万円も儲けていた

他人のIDなどで、勝手にネットオークションに参加し、ロレックスの腕時計3点を約2600万円で落札するなどしていたという

男子生徒のパソコンからは通販サイトなどで使える延べ約1800人分のアカウントが見つかった

ウイルスを作る高校生も現れた

コンピューターウイルスを作成するプログラムをパソコンに保管していたとして、兵庫県相生市の高校2年の男子生徒が書類送検されました

書類送検容疑は平成25年10月~昨年4月、自宅パソコンに「ZeuS」を保管していたとしている

感染すると、ネットバンキングのサイト上に本物と似た不正ページが現れ、IDやパスワードなどの個人情報が盗み取られる

アノニマスに憧れていたという

アノニマスのメンバーを名乗る人物とツイッターでやり取りしていたとみられ、「アノニマスに憧れていた」などと話している

「アノニマスのメンバーに技量をバカにされ、攻撃を受けたときに仕返しができるようZeuSを入手した」とも話しているという

今のところ、ウイルスによる被害は確認されていないということで、警察はプログラム入手のいきさつなどを調べています

遠隔操作の検挙率は10代が多い

不正アクセス禁止法違反で逮捕された被疑者は170人いたが、年齢別に見ると「14~19歳」が49人でもっとも多かった

遠隔操作できるウイルスの作成ツールをネットで入手できるほか、ランサムウェアでは作成・送金などを行う代行サービスまで存在している

不正ウイルスをめぐっては、中学生や高校生が書類送検されたり、逮捕されたりすることが、ここ最近頻繁に報じられている

ネット上では懸念の声も

こういう遠隔操作の不正アクセスは配布されたツールだろうし高校生がやったことだけど、悪意とか年齢関係なく処罰はせんと今後のためにならんよ。「子供使えばやり放題だ」って利用する大人を取り締まるためにも(ピクトリーを見ながら)

サイバー関係の技術に興味があるなら、それを良い方面に持っていければよかったんだろうけど、この高校生は「遠隔操作に興味があった」という… 他人の財布から金を勝手に使うことに味をしめてしまったらダメだよねぇ。

1 2





rouran2008さん

海外ニュースなどの興味があるまとめを作って楽しんでいます。
みんなの役に立つまとめを提供したいと思います!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう