1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

駅も乗り物もグルメも道路もデニム!?「倉敷」がデニム化してる!

岡山の倉敷は、デニムが有名だということで、何でもデニム化しちゃっているようです。お気に入りのジーンズを探しながら、デニム化した色々なものを楽しむのもよさそうです。

更新日: 2016年02月09日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
280 お気に入り 93027 view
お気に入り追加

倉敷といえば有名なのが美観地区

倉敷川沿いにはレトロでモダンな白壁の建物がズラリと建ち並んでおり、その街並みの美しい景観が人々の心を魅了し、「倉敷美観地区」として国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

そんな美観地区にあるのが衝撃的なデニムグルメ!

あまり食べたくないビジュアル・・・

デニムをグルメ化してしまうとは、なんと斬新な…。全部、デニムの定番カラーである藍色に染まってしまっています。。。倉敷らしさとインパクトを備えた珍グルメ。

ブルーベリーで染めたラムネ味の「デニムソフト」

客の9割は観光客。青は食欲をなくす色とされ、最初は気味悪がる人が多かったが、興味本位で食べた人の反応は「意外においしい」と上々だった。

どちらも普通に食べれますが、おいしいかおいしくないかで言うと、おいしくないです^^;
購入と同時に写メ撮ってる人ばかりなので、話題性は抜群かな( ´ ▽ ` )ノ 一度はぜひ(*^_^*)

美観地区ではデニムの貸衣装で街を散策できます

倉敷市児島で独自に開発したデニム生地を中心に作られた着物で、倉敷美観地区の町あるきを散策できます。
男性用もあります。
http://www.kimonokomachi.jp/

「いがらしゆみこ美術館」でドレスのレンタルをして、美術館内や倉敷市美観地区のレトロな景観の中をお姫様気分で散策できるのですが、デニムを使ったものもあります。
http://www.aska-planning-design.co.jp/museum/gallery.html

是非 他では着れないデニムの着物着て
美観地区をお散歩してみてくださぃ♥︎
倉敷ならではの素敵な時間がすごせますょ*\(^o^)/*

さらにデニム発祥の地、児島ではいろんなところがデニムに

国産ジーンズ発祥の地・倉敷市児島は、その品質と技術の高さから世界に誇る『ジャパンデニム』の聖地と呼ばれています。

昔から繊維産業が盛んだったこともあり、長く縫製の技術が受け継がれてきました。その技術を生かし国産ジーンズを作り、今では 世界的ブランドにまで成長しています。

まず駅がデニムだらけ!

駅名もジーンズに!
観光案内所の壁、エレベーター、自動販売機など35カ所がデニム柄になっています。

街を走る乗り物もジーンズ仕様

「国産ジーンズ発祥の地」の倉敷市児島地区の縫製工場やジーンズショップ、観光施設などを巡り、倉敷・児島の魅力を存分に満喫できる便利なバスです。
運行は、金・土・日曜日と祝日のみ。
http://www.shimoden.net/rosen/kikaku/jeans.html

児島ではジーンズバスが走っている!外も中もジーンズ!
もちろんドライバーの制服もジーンズ、デニムシャツ、デニムベストです!

ジーンズタクシーは、曙タクシーが営業をはじめたジーンズデザインのタクシーです。

車体すべてを特産のデニム生地で覆った全国初の「リアルジーンズタクシー」。
下電観光バスのタクシー部が運行。
地元の老舗・ベティスミスから生地を購入し、特殊な接着剤で車両の全面、バンパーやフェンダーミラー、ホイール部分にパッチワーク風にはり付けた。内装にはシートカバーに用いている。

1 2





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう