1. まとめトップ
  2. カラダ

痩せない原因は「脳」にあり!「太る脳」を「痩せる脳」に変えるポイント3つ!

どんなにがんばってダイエットしてもなかなか痩せられないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?そんなあなたは「太る脳」になっているのかもしれません。その「太る脳」を「痩せる脳」に変えることが出来なければ痩せることは難しいでしょう。

更新日: 2016年02月08日

yasu27kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
687 お気に入り 213461 view
お気に入り追加

▼ダイエットって食事制限をすることが多いですよね?

正しいダイエットの仕方とかわかんないから食事制限するしかねぇぜ!!!!!!

ダイエットって食事制限いがい何したらええんか分からんのじゃけど

▼でも食事制限ってストレスが溜まりやすい…。

食べたいのに我慢しているとどうしてもストレスが溜まります。

食べることは本能的快楽といわれ、それを制限すれば当然ストレスを感じることとなります。

もっと食べたいけど我慢しよう、好きなものを我慢しようと、食事制限をしているときのこの食欲を無理に抑えようとすると知らないうちに脳ストレスが蓄積されていきます。

▼このストレスが原因で「太る」こともあります。

食事制限をして食べたいのに我慢しているとストレスが溜まり、そのストレスが原因で太ることもあります。

ストレスが原因で、過食をして太ってしまった方もいらっしゃるでしょう。ダイエットをやめてしまった方もいるでしょう。

実は、ダイエットの失敗や挫折の原因は、ストレスである場合がとても多いです。

▼でもストレスが原因で太る仕組みをご存じですか?

ストレスで太る理由は脳にあり、食欲を抑えられなくなったり、甘いものが食べたくなってしまったりします。

ストレスを感じると、脳の「食事を摂りなさい」という摂食中枢と「食べるのをやめなさい」という満腹中枢のバランスが崩れてしまう

美味しい食事やアルコールで、脳内を麻痺させストレスを緩和させることで、無意識のうちに過食してしまう傾向があります。

▼さらにストレスがかかった状態では女性の方が太りやすいようです。

女性は男性んい比べストレスがかかった時、食でストレスを解消しようとするのです。

ストレス反応は人それぞれで性別で一概には言えませんが、女性はセロトニンの合成力が男性の半分しかないため、ストレスがかかると食欲に走りやすい傾向にあると考えられます。

また、女性ホルモンは男性ホルモンに比べて脂肪が蓄積しやすいため、ストレスで同じように食べても女性のほうが脂肪がつきやすいのは確かです

▼痩せるにはストレスが加わった「太る脳」を改善する必要があるのです。

無意識のうちに、食べることでストレスを解消しようとして、食欲をコントロールできなくなってしまった「脳」。 それが、「太る脳」

太る脳を卒業することができれば、同じダイエット方法でも体重がみるみる落ちていくといのです

□「太る脳」を「痩せる脳」に変えるには3つのポイントを抑えるだけ!

●セロトニンを増やす

1 2





yasu27kさん

芸能ニュースやガールズニュースを中心にまとめます!興味のある方はお気に入り登録お願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう