1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

オコエや平沢も…キャンプインしたルーキーたちの充実ぶりがハンパない

ついにキャンプインし、球春到来したプロ野球。注目のルーキーたちは充実した日々を送っているようです。

更新日: 2016年02月08日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 88668 view
お気に入り追加

▼ついにキャンプインし、球春到来したプロ野球

2月1日、プロ野球12球団が一斉にキャンプイン。2016年シーズンに向けた戦いが幕を開けた。

▼注目はやっぱり一軍を目指すルーキーたち

プロ野球選手として初めてのキャンプに臨むルーキーにとっては、特別な1カ月の始まりといっても過言ではない。

首脳陣の目が届く場所でアピールし、実力を買われれば、開幕1軍が近づくのも確かだ。

▼そんなルーキーたちは、早くも充実した日々を過ごしている様子

・楽天・オコエ瑠偉は紅白戦で三塁打を放ち、圧巻のスピードを見せつけた

楽天のドラフト1位・オコエ瑠偉外野手(18)=関東第一高=が7日、久米島キャンプで行われた紅白戦に「2番・中堅」で出場し、左中間2点三塁打を放った。

一般的に三塁打での到達は12秒を切れば俊足と評され、西武・秋山の11秒03、中日・大島の11秒11がトップクラス。2人が左打者ということを鑑みれば、引けを取らない速さだ。

梨田監督を「持っている。セカンドベースを回ってからのストライドが凄かった」と驚かせた。

オコエやっぱりすげえ(笑) 足が速いのはやっぱりプロ野球選手として客呼べるよなぁ。

・中日・小笠原慎之介は、早くも開幕ローテ入り確定?

中日のドラフト1位・小笠原慎之介投手(18)=東海大相模高=が6日、初めてブルペン投球を行い、2リーグ制ではチーム初の高卒ルーキーの開幕ローテ入りに大きく前進した。

甲子園を制した昨夏の状態から「半分くらい」の力の加減でも剛速球を投げ込み、周囲を驚かせた。

・阪神・高山俊はサク越え連発で、掛布二軍監督を驚かせた

阪神のドラフト1位の高山俊外野手が2月3日、春季キャンプ初となる屋外フリー打撃で周囲の度肝を抜いた。

59スイングで場外アーチ5発を含む20本の柵越えをマーク。ポテンシャルの高さを見せつけた。

掛布2軍監督も「ただのバッターじゃないよ」と後継者の誕生を確信した。

1 2





ピュンマさん



  • 話題の動画をまとめよう