1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ミサイル発射が話題になるも…忘れちゃいけない「拉致問題」

ミサイル問題以外にも…日本には北朝鮮と切っても切れない問題がありました。

更新日: 2016年02月08日

垢丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 20652 view
お気に入り追加

ミサイル発射。これを誰よりも心配するのが、、

北朝鮮のミサイル発射について答える横田さん夫妻

拉致被害者の家族は問題解決がまたも遠ざかる事態に、怒りや失望感を強めた

「北朝鮮はまた同じことを繰り返す。気持ちが暗たんとしている」

そう話した横田夫妻

ミサイル問題に日本を含む国際社会の関心が集まり、拉致問題が置き去りにされることを被害者家族は恐れている

裏腹に、政府は北朝鮮への制裁で躍起に

アメリカも10日に独自の制裁法案を可決し、これに韓国も足並みをそろえる

世界的な動きにも発展

しかし…これが拉致問題を遠ざけることになるとか

日本の独自制裁は北朝鮮を硬化させ、拉致問題の進展をさらに遠ざける可能性が高い

1月の核実験以降続く制裁強化の流れがさらに勢いづき、当面、日朝の交渉は途絶え、拉致問題の解決はますます困難になるだろう

ん?意外なことに家族からは後押しが・・・

画像は拉致被害者、家族会代表の飯塚さん(77)

「拉致をテロ行為として相当厳しい制裁を科していかないと、北朝鮮が被害者を返すという決断ができないのではないか」と訴えた

「拉致も核もミサイルも全部悪ですから…このことを国際的に認識いただいて、『間違っている』と多くの国々に伝えてほしい」

拉致被害者・有本恵子さんの母親の嘉代子さん(右)と父親の明弘さん

「これを機に、ミサイル発射に反対していた多くの国で圧力をかけ、拉致問題の解決の糸口にしてほしい。国際社会が北朝鮮を怖がっていないことを示さなければならない」

今回の独自制裁は、世論の「弱腰」批判を招かないことに加え、拉致被害者家族らが「厳しい独自制裁」を求めているためだ

安倍首相は「拉致問題の解決に向けた対話を継続し、一日も早い全ての拉致被害者の帰国を実現すべく、全力を尽くす」と強調している

制裁が拉致問題解決の糸口となる見方も

独自の制裁を北朝鮮に科す際、核やミサイルに加え、拉致も理由とすることで北朝鮮が日本に接近してくる可能性がある

さらに、国際社会が北朝鮮への圧力を強めれば、日本とのパイプはつないでおいたほうがいいと考えることもあるだろう

1 2





垢丸さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう