1. まとめトップ

野村貴仁(元プロ野球選手)

野村 貴仁、高知県出身の元プロ野球選手
2000年から2001年までの登録名は
「野村 空生」(のむら たかき)

野村貴仁というプロ野球選手が
いたことをご存知だろうか。
高知県立高岡高校宇佐分校を卒業後、
三菱重工三原を経て、1990年のドラフト会議で
オリックスにドラフト3位で入団。
イチローや田口壮、谷佳知らとオリックスの黄金時代を築き、
1996年のオリックスの日本一にも貢献した投手。
その後、トレードで1998年に巨人に移籍、
そこで清原和博と同僚になることになる。
清原との接点は、この巨人時代にできたものと思われる。

野村貴仁は巨人でもあまり活躍ができず、
2001年に巨人を退団すると
海を渡り米メジャーリーグに挑戦する。

2002年にミルウォーキー・ブルワーズに入団し、
晴れてメジャーリーガーとなったが、
やはり活躍できずに1年で解雇。

その後は日本のプロ野球界に復帰し、
2003年に日本ハムに入団したが振るわず、
2004年に台湾の球団に入団したが、1年で退団。
そして現役を引退した。

「アンフェタミン」は一種の合成覚醒剤で、
日本では覚せい剤取締法で覚せい剤に指定されています

その野村貴仁が逮捕されたのは2006年10月。
現役引退後に戻っていた地元の高知で、
薬物使用の疑いで逮捕された。
その後の裁判での供述によると、野村貴仁は
オリックス在籍時代に、同僚だった
外国人選手から勧められた、「グリーニー」という
アンフェタミン系の興奮剤(薬物)のに手を染めたとのこと。

そして、その後は自らも同僚の選手に提供しながら、
メジャーリーグに挑戦するまでの期間、
服用を続けていたのだとか。

一般名を
「クロベンゾレックス(clobenzorex)」
という薬で、
名前の由来は、緑色の錠剤として
市販されているから。
体の中でd-アンフェタミンに代謝され、
d-アンフェタミンとして働きます。
1970年代のアメリカでは、
広くダイエット(やせる)薬として
市販されていました。スポーツ選手には、
疲労感の現象、注意力の増強、
反応時間の短縮などの効果があるとされ、
大リーグでも2006年までは
使用が認められていました。
現在、アメリカでは既に使用が
禁止されていますが、
メキシコではまだ市販されています。

引用元:http://goo.gl/G6Ja5q

清原容疑者に覚醒剤を渡した野村貴仁元投手の現在

巨人時代に清原容疑者に覚醒剤を渡した野村貴仁元投手のビフォーアフターがやばいwwwwwwww 覚醒剤は怖いなほんとに……… pic.twitter.com/RYD8WK9hf7

取材に対し
「現役時代に清原容疑者に覚醒剤を渡した」と証言

有罪判決を受け出所後、
清原容疑者から連絡。

さぐりの電話があった。
「(警察に)売っていないか、俺のこと」って

「(警察に)売ってるか、売ってないかって」
(一部報道では、言ってるか、言ってないかって)

Q、どこにですか?
「警察に」

Q、誰が?
「僕が」

1 2





Cocochanさん

テレビ番組やTwitterで話題なものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう