1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

冬の枯れ木にいっぱい咲いたアメの花が可愛い♪

秋田の大館アメッコ市で、枯れ木に飴の花が咲き乱れました。木に飴をくくりつけるなんて、とても可愛らしくって珍しいですよね。どんなお祭りなのかまとめてみました。

更新日: 2016年02月15日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
93 お気に入り 31158 view
お気に入り追加

先週末、秋田では可愛らしい飴の花が枯れ木に咲きました♪

2月の初め秋田の北 大館の街にはまるで春が来たように枝にこの飴っこの花が咲く。

こんな感じで、飴がくくりつけられています。

多数のミズキの木が置かれ、枝には桃色の飴が、桃や梅の花が咲いているかのように多数付けられています。

市内の街路樹などには、枝飴と言ってピンクの飴が花のように飾られて、とてもかわいくてキレイです。

秋田の大館のアメッコ市という祭りの風景です

アメッコ市の起源は、天正16年(1588年)頃と言われています。当時は民俗行事でしたが長年行われ続け、昭和47年から現在のようにおおまちハチ公通り(昭和47年当時は大町中央通り)で開催されるようになりました。

「アメッコ市の飴を食べると風邪をひかない」との伝承があり、縁起物の飴を買い求める人で県内外から約15万人の人出があり賑わう。

ミズキの枝にアメをつけ稲穂の代わりに神前に供える農家の風俗行事であったのが始まりといわれる

その名のとおり飴づくしのお祭りです

アメッコ市という名前の通り、飴尽しのお祭りなのですが、なかなか珍しいですよね。

到着する前から街の中がアメだらけだ。これがいざ会場の中に入ったらどうなってしまうんだ? と、いやがうえにも期待が高まる。

からみアメのサービスで、
「あ~ん」と口を開けて待っていると、
水あめを棒に上手にまとめて口の中に入れてくれます。

本物のイチゴの周りをアメでコーティングしています。

アメッコ市の定番の飴の一つと言えるイチゴ飴。午後には行列ができているお店もありました。

雨でしたが大舘アメッコ市に行ってきました!この日に飴を食べると風邪を引かないとか。1588年から続く行事らしいです。名物である飴の枝つけをしてきました。 pic.twitter.com/v3AohyKhLD

左右にある枝アメは大館市民のみなさんが作ります。会場でも枝アメを作る体験コーナーがあるのでそちらも是非どうぞ。

枝アメの作成体験もできます。

大館アメッコ市 初参戦!あいにくのいや☔模様でしたが、たくさんアメッコ買ってきました〜(^^) pic.twitter.com/z1yPb3eVoX

主に、クラシックな切飴、縁起物の枝飴を売るお店が多いです。そのほかでは、金太郎飴風のものや、イチゴ飴やリンゴ飴など。最近では、キャラクターものの飴を販売するところも増えてきています。

大館アメッコ市でハートの枝アメさがすことできたかな!見つけたらラッキー‼️#アメッコ市 #枝アメ pic.twitter.com/BjQ24Yebwu

見つけたらラッキーなハート型のアメも

枝飴は祭の最後に細かく切り分けて販売されます。

とてもカラフルで春の訪れを感じます

1 2





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう