1. まとめトップ
  2. カラダ

えっ。スマホのブルーライトって肌にも悪いらしい

まじスマホ捨てようかな←ムリ

更新日: 2016年02月10日

ムミナさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
331 お気に入り 151608 view
お気に入り追加

最新の研究結果によると・・・

ブルーライトが肌にも影響を及ぼしていることがフランスの研究チームの調査で明らかになった

長時間浴び続けた場合、肌老化のスピードが速まる可能性が高いという

ブルーライトにより肌細胞が変色。それもたった1時間で色素沈着を引き起こし、相当頑固に残ることが明らかに

えぇ。。

しかも、紫外線よりシミになりやすいって

ブルーライトの怖いところは、紫外線よりも光のエネルギーが強い上に直進する性質を持っていること

ブルーライトの波長特性から、肌の深いところ(皮下組織の下の血液)までダメージは浸透している

「活性酸素」を発生させるのが原因

「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のこと

肌のエイジングの現象の大きな原因とされている活性酸素。
この活性酸素の生成原因の50%がブルーライトと紫外線

深刻なのが、ブルーライトは活性酸素の中でも老化の原因となる『一重項酸素』の生産を誘発させてること

※いちじゅうこうさんそ

一重項酸素とは特に反応性が高く、細胞膜を破壊し、細胞内ではメラニンの異常増殖の原因となっている

災難なことに、夏も冬も関係ない

どう努力しても避けられない光線が肌にダメージを与えているという衝撃の事実

家にいても避けられない

目を酷使することで脳がストレスを感じ、副腎皮質刺激ホルモンを生成する。これが肌のくすみの原因となる

なるべく早い対策を!キーワードは、、

ブルーライトカットで知られる酸化防止剤

「ルテイン」という草花や植物、野菜や果物などの食品にも含まれる色素が、ブルーライトを吸収し肌を守ってくれる

緑黄色野菜を多く摂取することにより、身体の内部からブルーライト被害に対するケアを行うことができる

十分なケアを行うには、ルティンを高濃度で配合しているクリームの使用が一番だそうです

「ルテイン 日焼け止め」で検索すると出てくるみたい

1





ムミナさん

気になることをまとめていクマ。



  • 話題の動画をまとめよう