1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

もう怖がらなくてOK!予防接種がらくちん♪になる時代

早くこの時代来てーーー

更新日: 2016年02月20日

smbmoonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
84 お気に入り 108176 view
お気に入り追加

注射が苦手なヒトに朗報…!

近赤外線で血管をリアルタイムで透過することで注射するべきポイントを一目瞭然にするという注射の失敗を激減する医療用機器が「VeinViewer」

開発したのは、アメリカ・メンフィス州のクリスティ・メディカル・ホールディングスという医療機器メーカー。

血液は光を吸収するため、静脈以外の周囲の組織がLEDプロジェクターによってグリーンに反射されて、血管の位置が視覚的に分かるという仕組み

すげー(((゚Д゚)))!

生まれたワケは…

予防接種に使われる注射ですが、「注射が嫌い」そんな方、多いのではないでしょうか?

「大人になっても注射が苦手」という人がいるように、治療の一環だとしても注射を何度もするのは避けたいもの

病院側にも、患者にも、メリットだらけ

「血管がどこにあるかわからない」「間違って血管を外してしまった」ということを防ぐことができ、注射のやり直しがなくなることが期待できます。

VeinViewerは世界で初めて注射の成功率を100%にできる医療機器であり、医学的に不要な末梢静脈のカテーテルを30%減少させることができるとのこと。

現在では、世界40ヵ国以上で使用されています

注射の成功確率が100%になったことで、不要な中心静脈カテーテルが30%減少し、患者の満足度も倍に

そして、実は針すら無くなる時代がすぐそこに…

顕微鏡で見ると 人間の目には見えない 何千もの小さな突起が見えます。注射針と比べると この正方形には 約4,000もの小さな突起があるのです。

この黄色いブツブツが針…!!

ナノパッチでは、この針の部分に乾燥させたワクチンを塗っておき、それを皮膚に貼り付けることでワクチン投与を行います。

非常に簡単に、しかも痛みを伴わずにワクチン投与ができるというのがナノパッチの利点の一つですが、メリットはそれだけではありません。

ナノパッチの最大の利点は、針を使わずにワクチンを最適の部位に投与でき、ワクチンの量もごく少量で済むこと。

今までのワクチンの100分の1の量で済んでしまうらしい…!

ワクチン代が安くなるメリットも…!

ワクチンが突然10ドルから10セントに下がったのです。発展途上国では特に大切なことです。

インフルの季節ですが、通常の注射だと貫通しすぎて、ワクチンが効果的なゾーンを外しているというのが何とも言えない。 ▼ナノテクノロジーで注射から針の痛みを取り去ってくれる「ナノパッチ」 - GIGAZINE gigazine.net/news/20140121-…

1





smbmoonさん



  • 話題の動画をまとめよう