1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

開業間近なのに… 北海道新幹線で訓練中にまさかのトラブル発生

今年の3月26日、本州と北海道を結ぶ大動脈となる北海道新幹線がいよいよ開通します。しかし、開通直前にして訓練中に予期もしないトラブルが起きたのです。

更新日: 2016年06月25日

rouran2008さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 18868 view
お気に入り追加

北海道新幹線でトラブルが起きた

9日未明、青函トンネル内で行われた避難訓練の際、走行中の列車が停電のため急停車しました

訓練は、新函館北斗駅から新青森駅に向かっていた新幹線から火花が見えたとの想定

トラブルが起きた車内は非常灯以外の照明が消え、乗務員がトラブルの内容確認のため車内を行き来するなど一時騒然とした

列車はおよそ5分間、立ち往生しましたが、JR社員や報道関係者およそ300人にけがはありませんでした

旧海底駅の「竜飛定点」で乗客役のJR社員らが別の新幹線を使った「救援列車」に乗り換え、新青森駅に向かう予定でした

乗客役のJR社員らが青森側から来た「救援列車」に乗り換えて午前2時50分ごろに出発した直後に、停電で緊急停止した

約5分で復旧したが、点検などのため、予定より約35分遅れて午前4時ごろ、新青森駅に到着した

変電所の切替の不備が原因だった

原因は、札幌にある指令センターの担当者が電源の切り替えを間違える人為的なミス

車両が架線の区間のつなぎ目にさしかかった際に、2つの変電所から同時に電気が送られることになり、異常を感知して停電が起きた

同乗していた島田修社長は、取材に「定点から逆走する手続きについて、札幌の運行管理センターの係員に周知していなかったのが問題だった」と述べた

停電につながったということで、JR北海道は運行を管理する社員への指導を徹底することにしています

そもそも北海道新幹線とは何か?

北海道新幹線は、東北新幹線の新青森駅から札幌駅に至る、延長約360kmに及ぶ路線です

新函館北斗駅から札幌駅の区間は、平成24年に認可・着工され、平成42年度末までの開業に向けて工事が進められています

元々は全国新幹線鉄道整備法に基づき、起点青森市・経由函館市付近及び札幌市・終点旭川市と定められた路線

北海道新幹線が開業すると、北海道と本州、特に関東・東北地方との間を移動する方々の利便性が大幅に向上します

近年では外国人が増えていますが、本州など道外からは最も多かった20~25年くらい前から少しずつ減っているのが実情です

青函トンネルの安全対策はバッチリだけど…

青函トンネル内で火災や車両トラブルが起きた場合、新幹線は自力走行が可能であれば、トンネルの外に出ることを最優先に対応します

JR北海道によりますと、新幹線は在来線よりも機動性に優れ、救援列車での避難を行いやすいということです

1 2





rouran2008さん

海外ニュースなどの興味があるまとめを作って楽しんでいます。
みんなの役に立つまとめを提供したいと思います!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう