1. まとめトップ
  2. おもしろ

えっ、そんなのアリ?!全国各地の「変わった卒業式」

定番の卒業式と言えば、来賓の長い挨拶、卒業証書授与に校歌斉唱、仰げば尊しを歌いというのが思いつきますが、全国にはこんな変わった卒業式もあるんです。

更新日: 2016年02月10日

cheburさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
102 お気に入り 174727 view
お気に入り追加

Photo by Digital Vision. / DigitalVision

卒業式。
日本全国似たり寄ったりでしょ?と思いきや、その地域によって独特の卒業式があるようです。

沖縄 『卒業式にメリケン粉を卒業生に投げる』

3/1は沖縄の県立高校の卒業式で、国際通りでは卒業式帰りの花束をたくさん抱え泣きながら歩く高校生をたくさん見かけることができます。

このシーズンは街中で真っ白な粉をかぶった子を街中で見かける事があります。

しかし、これは沖縄独特の卒業式の風景で、
『沖縄では卒業式にメリケン粉を卒業生に投げる』
という事がここ数十年の間に流行って行われてきています。

高校の卒業式で卒業生に小麦粉とか生卵ぶつける、みたいなイベントがあったけどアレ、なんだったんだろう。沖縄だけかな?一年生の時に坂の上から墨汁が流れて来て、『さすがにやりすぎだろ』と思った。 pic.twitter.com/8eH2JhvyWs

しかし、当然のことながらこのパフォーマンスは問題になっている模様。

沖縄の卒業式とかには注意事項の欄に、『小麦粉や片栗粉などは持ち込まない(投げない)でください』とか書いてあるから

この時期、沖縄の中高生はメリケン粉(小麦粉)を売ってもらえない。卒業式後にメリケン粉をかけ合う風習があり、させじと学校側が取り締まる。もっとも、最近はあまり見ない光景らしいが。なんとなく微笑ましいwと言ったら怒られるか。 pic.twitter.com/4XLUHkyl1c

岐阜・高山 『白線流し』

有名ですね。テレビドラマにもなりました。

岐阜県立斐太高等学校で、例年3月1日の正午頃、卒業証書授与式後に行われる旧制中学以来の伝統行事。

学校前 を流れる大八賀川をはさんで校舎側に在校生が、対岸には卒業生が思い出深い学び舎に向かって立ち、互いに惜別の歌を歌いながら感慨にふけります。

そのとき、卒業生らは制帽の白線とセーラー服のネクタイを1本に結び合わせて永遠の友情を誓いながら、早春の川面に3年間のなつかしい思いを込めて流すのです。

白線は川を汚すことにならないように、下流で在校生の手によって拾い上げられます。約半世紀にわ たって続けられてきた伝統ある行事です。

卒業式 幼い頃、兄の白線流しを見て以来憧れていたものを自分もすることになるとは... 雨の中、寒かったけど数年後思い返せば良い思い出になると信じてる(´・ω・`) 高校で知り合ったみんな、ありがとう pic.twitter.com/zKyHHaIovm

卒業式してきた あとどしゃ降りの中で白線流ししてきたw

秋田 「全校生徒で『大いなる秋田』を歌う。」

壮大な秋田県民歌大いなる秋田、聴いて寝る。 子供の卒業式の時どの曲より県民歌の合唱に号泣した 成田為三すてき。

壮大で、そして曲の長さに驚きます。

「大いなる秋田」についての県民の方々の愛情深きコメント

@outback3180 続きをありがとうございます(*^^*) 長野の信濃の国は有名ですよね〜。秋田県人も県民歌「大いなる秋田」はよく歌います。 うちは親戚が集まって飲とだいたい最後は「大いなる秋田」の合唱で終わります。信じられないかもしれませんが本当ですよ(笑)

卒業式に先立ち、最後の「模擬レース」

競馬学校では騎手課程31期生の卒業式が執り行われました。

1 2





cheburさん



  • 話題の動画をまとめよう