1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

純粋な心を持つ人限定。メルヘンな博物館『妖精ミュージアム』が気になる♪

栃木県宇都宮市に国内でも珍しい『妖精』をテーマにした美術館があるらしい…。

更新日: 2016年02月10日

だらくださん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
341 お気に入り 48826 view
お気に入り追加

観光ガイドには載らない!?

Photo by OJO_Images / OJO Images

栃木県宇都宮市に知る人ぞ知る観光スポットがあるらしい…。

あまり目立った看板は出ていません。観光地図にもはっきりとは出ていません

それがコチラ…

あなたは妖精を信じますか?(w´ω`w)

妖精って昔から児童文学や絵本、映画、アニメ、演劇などなど…様々なジャンルで描かれているものですよね?だからこそ子どもから大人まで幅広い年代が親しみを持っているのかもしれません。

それはビルの5階に入っています。

実際、どんなところなの?

なんと!入館料は無料です。お財布に優しい観光スポットですね。

このミュージアムでは、入館に、お金は取られない。つまりタダで入れるのも、魅力の一つだ

宇都宮市出身で、妖精学研究の第一人者である井村君江氏が収集した資料が展示されている。

ウェッジウッド社製のタイル画や、妖精のビスクドール、デュラックの挿絵本などが展示され、小さいけれども充実した内容でした

オスカー・ワイルドの家具などもあり、よく集めたものだなあと思った

世界各国の妖精の彫刻や絵画、絵本の挿絵などファンタジー好きには堪らないラインナップである。

おとぎ話に迷い込んだのかと思わせるほどの妖精たちが所狭しと飾られています

メルヘンな雰囲気です♪

館内には、自由に閲覧出来るものや手に取れるものも多く来館者たちを飽きさせない。

綺麗な作品であふれているので、本当に何時間でもまったり、ゆっくり綺麗な世界にひたれますよ~

まさに楽しみながら学べるという感じ。

中にはちょっとしたカラクリもあり、子ども達も楽しめそう。

手をかざすだけでページがめくれる不思議な妖精図鑑や妖精オルゴールなど、不思議な仕掛けもいっぱい!

妖精の生態についての展示なんかもある。

ワードローブの引き出しの中には、妖精の食べ物、妖精の服、妖精へのおまじないなどが可愛らしく「妖精サイズで」展示してあり、楽しかった

世界に3体しかないというピーター・パン像も鎮座する。

1 2





だらくださん

どうぞよろじぐおねがいじまず。



  • 話題の動画をまとめよう