1. まとめトップ
  2. 雑学

縄文顔・弥生顔はウソ?日本人のルーツが謎めいてる…

教科書で習った縄文人や弥生人についての常識がこんなに変わってきてる。

更新日: 2016年02月11日

まっすぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
282 お気に入り 306270 view
お気に入り追加

日本人のルーツをたどる実験がはじまった

日本人の祖先が海を渡ってきたと思われる船で、実際の航海に挑戦する実験がスタート。

およそ3万年前の旧石器時代に今の台湾から沖縄の島々に渡った人たちはどのような方法で航海を行っていたのか検証する

予想される「草でできた船」を作って沖縄県の与那国島から西表島まで、およそ75キロの実際の航海に挑戦する

丸木舟は木をくりぬく斧が沖縄の遺跡で見つかっていないことから、竹をつないだいかだか、草で造る草舟と考えられる

日本人の祖先は、草や竹でできた船で大海をわたってきたらしい。

アフリカから長い旅の果てに、日本列島の南と北から祖先たちは海をわたってきたという。

日本人の祖先は、海を渡ってきたと考えられる「縄文人」「弥生人」

「縄文人」は台湾→沖縄→北上して日本列島の本土にたどり着いたと言われてる。

アフリカから、ユーラシア大陸の南側に進出。5万年ほど前に台湾や琉球諸島を経て、日本列島の地を踏んだと考えられる「縄文人」

沖縄本島などでは、これまでに発掘された人骨や石器から、約3万年前には人間が到達していたことがわかっている

だから、日本人は縄文顔・弥生顔に分かれてるとされていた

出典feely.jp

ウインクできれば、あなたは縄文顔かも?って流行ったな。

縄文顔とは、眉毛が太くて二重まぶた、唇が厚いのが特徴。一方の弥生顔は、細眉に一重まぶた、薄唇といった平坦な顔立ちが特徴

南から渡った人の特徴を受け継ぐ人は縄文顔、北から渡った人の特徴を受け継ぐ人が弥生顔。

しかし、現代の日本人は一説によれば、縄文系・弥生系の混血が75%、弥生系が20%、縄文系が5%なのだそう

外見では縄文系でも、体内のDNAは弥生系があり、孫の代などに違った系統の外見が出ることもある

たまたま縄文顔っぽさがでたり、弥生顔っぽさが強くでたりすることがあるだけらしい。

しかし、日本人のルーツは、2種類どころじゃないという

実は、縄文人は南方起源ではなく、「弥生人顔」も存在しないとも言われだしてる。

遺跡で出土した縄文人の人骨を分析したところ、北東アジアから朝鮮半島経由で日本に渡来した弥生人と同じ様に「胴長短足」だった

縄文人も、弥生人も、体型の違いはほとんどなかった。

一般的な「弥生人顔」というイメージは、単に弥生時代の一部の地域の人々の顔立ちにすぎなかったことがわかっている

しょうゆ顔の日本人「弥生人」は、一部の渡来人の顔でホントの顔はよくわかってない。

人種の違いを識別できる「遺伝子」の分布から、日本人の先祖はロシアのバイカル湖から南下してきたことが判明した

日本人の祖先が、ロシアにいた?あちこちいるじゃん。。。

ほぼ全ての日本人は、世界からやってきた人類の末裔

旧石器時代の日本は、氷河で地続きが多かったため、様々な人々の吹きだまりだったとも。

スンダランドのピテカントロプス→港川人→縄文人。弥生人はピテカントロプス→北京原人から進化した系列だという。 pic.twitter.com/mNlbT5dCSm

縄文人の特徴も世界のあらゆるところにいた人種が、日本に集まってきた結果?

過去に「人類」は、絶滅寸前に追い込まれた経験を持つ

人類は、およそ100人くらいまで減ったというから、危なかった…。

生き残ったうち、およそ35人の母親の子孫が現代の世界の人々、日本人においてはその95%が、たった「9人の母親」の子孫

人類の祖は3つのグループに分かれてアフリカを旅立ったが、その3つの遺伝子すべてが、日本列島にやってきたという

日本から旅はさらに進み、オホーツク海を渡って、北米、南米まできて先住民インディオに。

縄文人の起源は大陸の南北の広い地域と考えるのが合理的で、ルーツは想像以上に複雑

1





まっすぃさん

仕事の悩み、使えそうなものをまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう