1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「オデッセイ」が大ヒット! 火星にときめいた人に向ける火星映画4選

火星を舞台にした「オデッセイ」が大ヒット。地球に一番環境が近い星、火星。そんな火星を舞台にした映画4つを紹介します。

更新日: 2016年02月10日

kumanosuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
96 お気に入り 45002 view
お気に入り追加

「オデッセイ」大ヒット! 週刊映画動員ランキングで1位に

火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモ­ン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も­通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。­一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッ­ションを敢行しようとしていた。

8日、土日2日間(2月6~7日)の全国映画動員ランキングを興行通信社が発表し、第88回アカデミー賞に7部門でノミネートされている、リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演作『オデッセイ』が初登場ナンバーワンを獲得した。

たった一人で火星に取り残された宇宙飛行士のサバイバルを描く本作は、5日の金曜日に全国833スクリーンで公開され、動員33万223人、興行収入4億9,601万2,000円を記録。初日を合わせた3日間では動員41万9,402人、興収6億2,860万800円を稼ぎ出す大ヒットスタートとなった。

満足度ランキングでも1位を獲得

「ぴあ」調査による2016年2月5日、6日のぴあ映画初日満足度ランキングは、リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演のSF大作『オデッセイ』がトップに輝いた。

あらためて火星ってどんなところ?

生理学的に見れば、火星の薄い大気は真空同然である。宇宙服などで保護されていない生身の人間であれば、火星の表面ではわずか20秒で失神状態に陥り、1分たりとも生存できないと考えられている。

この重力下で低重力での健康上の問題が発生しないかどうかはよく分かっていない。

平均表面温度は-43℃で、最低温度は-140℃である。

近々公開の予定の日本の映画「テラフォーマーズ」も火星が舞台

21世紀、地球では猛烈な人口増加が起き、人類は火星への移住を計画する。まずはコケと古来から地球に生息するある生物を火星へと送り込み、地球化への道を探る。500年後、移住計画の最終段階としてその生物の駆除のため火星に15人の隊員が派遣されるが、小町小吉(伊藤英明)以外は高額の報酬が目当てで……。

そんな火星を舞台にした「オデッセイ」以外の映画を紹介します

「ミッション・トゥ・マーズ」

ブライアン・デ・パルマ監督によるSFスペクタクル。消息を絶った仲間の謎を調査するため、火星へと向かう宇宙飛行士たちを描く。NASAが全面協力したという、リアルな火星の映像が見もの。ティム・ロビンス、ゲイリー・シニーズ共演。

消息を絶った仲間の謎を調査するため、火星へと向かう宇宙飛行士たちを描く。NASAが全面協力したという、リアルな火星の映像が見もの。ティム・ロビンス、ゲイリー・シニーズ共演。2020年、NASAは人類初の火星への有人飛行を成功させた。だが調査中の先発隊が謎の怪現象に襲われ、突如連絡を絶ってしまう。

「ミッション・トゥ・マーズ」に関しては、まぁ、後半の展開がちょっとアレなんだけど、俺は実はそっち方面はすごく得意で(w 古きよきSFとして、ちゃんとみられたよ。

ミッション・トゥ・マーズは一年くらい前に初めて観たら「あれ?世評ほど悪くないじゃん」ってなったけど、リアルタイムで劇場鑑賞してたらブチ切れてた案件かもしれない。公開当時高校生だったし。

「レッドプラネット 」

『トップガン』や『バットマン・フォーエヴァー』で知られるヴァル・キルマーと、『マトリックス』のトリニティ役で人気を博したキャリー=アン・モスの顔合わせによるSF映画。環境汚染や他惑星移住などを題材に、科学的な考証を重視して構成された作品。
ちなみに、タイトルのRed Planetは、火星の通称である。

西暦21世紀、地球は深刻な環境汚染に見舞われていた。人類は火星を居住可能な惑星に改造(テラフォーミング)するため、二酸化炭素の氷がある極地に藻を送り込んで酸素を作り出す計画を実行した。だが2050年、それまで順調に増加していた火星の酸素レベルが、突如として減少し始めた。原因を調査すべく、5人の乗組員(と探査ロボットのエイミー)が惑星間宇宙船マーズ1に乗り込み火星へと向かった。だが着陸直前、太陽のフレア爆発に巻き込まれ、船長を除く乗組員が非常脱出する形で火星に着陸した。

『レッドプラネット』NASAに非科学的で協力できないと言われたのが、さもありなんと思われる程度の考証だが、映像はそこそこ美しい。

レッドプラネットという映画は、愉快であんまり頭の良くなさそうな宇宙飛行士たちがテラフォーミング中の火星で生き残りをかけたサバイバルをするというもの。トンデモな展開はないけど、まったり見ることができるほのぼの映画です。就寝前に丁度良い pic.twitter.com/2GmkFeewrX

1 2





kumanosuさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう