1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

懲役9~13年の不定期刑は軽すぎる?…川崎中1生徒殺害事件の判決が話題になっている

中学1年の男子生徒が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた少年の裁判員裁判で、横浜地裁は、懲役9年以上13年以下の実刑判決を言い渡した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年02月11日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 67426 view
お気に入り追加

○19歳少年に懲役9~13年の判決

中学1年の男子生徒が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた少年の裁判員裁判で、横浜地裁は、懲役9年以上13年以下の実刑判決を言い渡した。

4日の公判で検察側は「(起訴された3人の中で)主導的で、主犯格として最も重い責任を負うべきだ」と論告。

○川﨑中1男子惨殺事件

昨年2月、深夜の多摩川河川敷で、わずか中学1年の少年が年上の不良グループに惨殺された。

上村さんは真冬の川で2回も泳がされ、岸に戻されては年長者3人から代わる代わるカッターナイフで首などを切り付けられた。

逮捕・起訴された3人の少年のうち、リーダー格とされる19歳の少年がカッターナイフで切りつけて殺害したなどとして殺人と傷害の罪に問われていました。

○カッターナイフで執拗に切りつけて殺害

事件前の昨年1月には、横浜市内で上村君の顔を殴るなどし、約2週間のけがを負わせた。

○少年は下を向いたまま裁判長のことばを聞いていた

少年は、証言台で体を動かさずに下を向いたまま裁判長のことばを聞いていました。

最後に裁判長が「説明した判決について分かりましたか」と問いかけると、少年は小さな声で「はい」と返事をしていました。

そして、被告の少年の父親は、じっと息子を見ている様子で、まっすぐ見据えている様子だった。

少年の母親は、終わったあとに、涙を浮かべていたという。

○少年は控訴するかどうかは不明

弁護側は最終弁論で「矯正も可能」として懲役5年以上10年以下の不定期刑を求めていた。

弁護側は「強い殺意はなかった」と主張したが、裁判長は「命を奪うまで共犯者を巻き込みながら攻撃し続けた」と退けた。

少年の弁護人は「控訴するかどうかはコメントできない」としています。

○「刑が軽すぎる」父親がコメント

判決のあと、上村さんの父親が弁護士を通じてコメントを出しました。

上村君の父親は、判決が軽すぎるとしたうえで、「遼太の命が軽く扱われているようで、遼太がかわいそうでなりません」とコメントしている。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう