1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アメリカの若者に大人気!バーニー・サンダースって何者?

米大統領選に向けた9日のニューハンプシャー州予備選で民主党のサンダース氏がクリントン氏に大差で勝利しました。サンダース氏は自らを「民主社会主義者」と称し、数々の革新的な政策を掲げていることで知られます。支持層の中心は政治離れが指摘される若者ということもあり、米国では大きな注目を集めているようです。

更新日: 2016年02月20日

90 お気に入り 148339 view
お気に入り追加

ニューハンプシャー州予備選でサンダース氏が勝利

米大統領選に向けた9日のニューハンプシャー州予備選でサンダース氏がクリントン氏に勝利しました。

サンダース氏は自らを「民主社会主義者」と称する政治家です。選挙公約には数々の格差是正を促す政策が並んでおり、日本とは比較にならない格差社会が放置されたままとなっている米国では大きな注目を集めています。

勿論、このニューハンプシャー州はサンダース氏の地盤でもある為、この勝利は予想通りのものではあります。しかしながら、若者世代の熱烈な支持を得ているサンダース氏が今後クリントン氏をどのように追い詰めていくのかに注目が集まっています。

民主党のバーニー・サンダース上院議員(74)の得票率は60.4%となり、ヒラリー・クリントン前米国務長官(68)の38.0%を大きく上回った

クリントン氏は2月1日の初戦、アイオワ州で辛勝したものの、サンダース氏の勢いが増す中、苦戦が続いている。

この御年74歳の大ベテランがアメリカの若者に大人気なのである

74歳の大ベテラン政治家を10代20代の若者たちが熱狂的に支持している。一見すると奇妙にも思えるが、サンダース氏は若者たちに寄り添う政治家であるとみられているのだ。

30歳未満では8割以上がサンダース氏に投票するという驚異的な数字が出ている、

予備選で民主党のバーニー・サンダース上院議員(74)が勝利したのは、若者層の圧倒的な支持を獲得したためだ

米CNNテレビの出口調査によると、30歳未満では8割以上がサンダース氏に投票した。

サンダース氏の人気ぶりには学者も舌を巻く「世代間の衝突」

クリントン氏を中高年が支持する一方、大学生や高校生ら「ネット世代」がサンダース氏を熱狂的に支持している

「まさに世代間の衝突と言って良いでしょう」

海野素央明治大学政治経済学部教授

「選挙区の中で大学を抱えるような地区においては、学生を中心にサンダース候補支持のキャンペーンなどが起こることも予想され、クリントン候補も安泰とはいかない」

海野素央明治大学政治経済学部教授

「例え、クリントン候補が予備選で勝っても、本戦で若者が投票所に出向かないということが起こりかねません」

海野素央明治大学政治経済学部教授

この若者世代のスター、バーニーサンダースとはどのような人物か

所属政党
無所属(1979-2015)
民主党(2015-)
進歩党(提携)
リバティユニオン党(1971-1979)

アメリカ合衆国上院議員
選挙区:バーモント州
パトリック・リーヒと共同
在任期間:2007年1月3日~

アメリカ合衆国下院議員
選挙区:バーモント州大選挙区
在任期間:1991年1月3日 - 2007年1月3日

バーナード・"バーニー"・サンダース(英語: Bernard "Bernie" Sanders、1941年9月8日 - )はアメリカ合衆国の政治家。

ポーランド系ユダヤ人の移民の子で、社会主義の実践を提唱するイスラエルの集団農業共同体「キブツ」で暮らしたこともあるという

ブルックリンのジェームズ・マディソン高校を卒業、シカゴ大学に進学し、1964年に政治学の学位を取得した

1964年にバーモント州に移り住み、大工、映画製作、作家、研究者など様々な職を経験した

20~30代にはベトナム反戦運動など左派政治運動に傾注し、1981年から米東部バーモント州バーリントン市長を8年務めた

筋金入りの活動家としても知られている

サンダースは1960年代のアメリカ学生運動の中心であったSNCC(学生非暴力委員会。Student Nonviolent Coordinating Committee)の活動家である

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう