1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大丈夫なの?伝説のエログロカルト漫画「少女椿」が実写映画化

漫画「少女椿」が実写映画化されたとのニュースが飛び込んできました。本年5月下旬から公開されるとのことです。「少女椿」といえば、エログロ、少女愛、シュルレアリスムなど数多くの要素が詰め込まれた伝説のカルト漫画として知られています。ファンの間では早くも作品の出来を不安視する声があがっています。

更新日: 2016年02月19日

371 お気に入り 485347 view
お気に入り追加

衝撃!なんと漫画「少女椿」が実写映画化

漫画「少女椿」の実写映画が公開されることが明らかになりました。公開は5月からとのことです。

「少女椿」といえば知る人ぞ知る伝説のカルト漫画です。丸尾末広さんの代表作のひとつであり、これまでに舞台化、アニメ化もされています。アニメ映画はその過激さから上映禁止処分や輸入禁止処分を受けるなど、数々の逸話を残したことでも知られています。

主人公を演じるのは中村里砂さん。風間俊介さんや中谷彰宏さんらがわきを固めるとのこと。アングラ界隈ではコアなファンを抱えている作品だけあり、早くも実写化に対して不安の声が続出しているようです。公式サイトによるとR15指定のようです。

1984年に原作が発刊されて以来、アニメ映画化され高い評価を受けたが、その内容表現から海外の一部地域では上映禁止に。

その後も舞台化はされたものの、実写映画化は30年もの間、何度も試みたが、その世界観を描くむずかしさゆえに企画が立ち消えになっていた

知る人ぞ知る伝説のカルトコンテンツ「少女椿」

ジャンル
エログロ
怪奇漫画

作者:丸尾末広
出版社:青林堂 青林工藝舎(改訂新版)
巻数:全1巻
話数:全8話

両親を亡くして孤児となり、奇形の見世物たちがうごめく見世物小屋で働かされるはめになった薄幸の少女みどりの辿る数奇な運命を描いた、丸尾末広作のエログロ漫画である。

本作は浪花清雲作の街頭紙芝居「少女椿」に脚色を加えたものである。

漫画版では作者ならではのエログロ・怪奇性を押し出した作風で終始、暗い雰囲気が漂い、結末も後味の悪いものになっている。

とにかく理不尽とエログロが際立つ作品として有名だ

昭和レトロ、少女、SM、怪奇幻想、耽美、残酷、エログロ、パロディ、シュルレアリスム、ユーモアなど、丸尾末広のテイストがふんだんに詰め込まれた

少女椿グロすぎ。グロいの平気だし、どちらかと言うと好んで見たりするけど、この世界観はキツイ(((;"ω";)))エロもあるし、何だこの世界観。

原田浩によって劇場アニメ化はなされているが…

1999年に海外映画祭において上映後、フィルムが成田空港の税関で没収・廃棄され、国内輸入禁止・上映禁止の書類が制作会社に届けられたという事件など、数々の逸話を持つ

これまでも、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、そして昨年のカナザワ映画祭(上映素材はベーカムテープ)とごく限られた機会にしか上映されてこなかった

監督はカルトアニメ『二度と目覚めぬ子守唄』の原田浩(本作クレジットでは絵津久秋)

原画・動画を何年もかけてコツコツと一人で描き続けるという驚愕(きょうがく)のスタイルは本作でも踏襲されている

ストーリー自体が鬱々したものなのですが、トリップ描写が群を抜いて気持ち悪いです。

廻天百眼によって舞台演劇化も試みられている

2011年10月には虚飾集団廻天百眼により舞台化され、ザムザ阿佐谷にて、10月13日から17日まで5日間7ステージ上演された。

丸尾末広の人気漫画『少女椿』を、廻天百眼が脚色完全舞台化!
見世物小屋にさらわれた少女の残酷物語

虚飾集団廻天百眼HPの紹介文

少女はいつ何を生きたのか
少女は誰か、少女は何か、少女は君だ!

虚飾集団廻天百眼HPの紹介文

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう