1. まとめトップ

アインシュタインの予言を超えた! 「重力波」 LIGOチームが初観測

かの有名な天才アインシュタイン。なんと100年前に存在を予言していた「重力波」。しかしながら目で見ることは不可能といっていました。しかし米中心のLIGOチームが2016年2月11日に初観測を発表!

更新日: 2016年02月12日

garitonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 2342 view
お気に入り追加

20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父ともよばれる。

そんな彼が100年前から存在を予言していた、重力波

重力波とは、物理学者アルバート・アインシュタインが、およそ100年前に一般相対性理論のなかで予言した現象だ。

宇宙を海とイメージすれば、天体という船が動くたびに、波のように重力波が生まれ宇宙を伝わっていくというものだ。

宇宙で生まれる無数の重力波は地球に届くと、人間の耳で聞こえる周波数帯であるため、もし増幅することができれば"宇宙 のささやき"が聞こえるという。

しかし、重力波はあまりに微弱で検出困難なため、多くの科学者の直接観測の試みは失敗に終わり、「アインシュタイン最後の宿題」と呼ばれてきた。

2016年2月11日 「重力波」 初観測

アインシュタインが存在を予言してから100年の節目に当たる2016年に、アメリカのレーザー天文台「LIGO」が世界で初めて観測することに成功しました。

研究チームによりますと、2つのブラックホールが合体するときに出た重力波を去年9月に観測したということです。

本当だとしたら、ブラックホールの観測もしているのでかなりの快挙!

LIGOの頑張りがすごい!

5年の歳月を費やし完成させました。なんと完成後すぐに成果をあげたからすごい!

LIGOは、Caltceのキップ・ソーン博士とMITのロナルド・ドリーバー博士らが中心となって建設した、約4キロメートルの直行する2本のトンネル内にレーザーを照射する巨大装置で、重力波が通り過ぎるときにトンネルの長さがわずかに変化することをレーザーの干渉から測定します。

日本は世界初観測を逃したものの

日本でも重力波の観測に向けて準備していたんですね。

我々KAGRAグループは、LIGO-Virgoが重力波信号を発見したことを心より祝福します。これは重力波および一般相対性理論の研究者が待ち望んでいた歴史的快挙です。

現在我々が建設中のKAGRAを含む第二世代の重力波望遠鏡(レーザー干渉計)によって、重力波そのものや、ブラックホールや中性子星という高密度星の研究が可能であることが実証されたという意味で、このニュースは本当にエキサイティングです。

KAGURAにも期待が高まりますね!

1 2





garitonさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう