1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

マンガ実写化作品が超強烈!!春休み注目映画ベスト10!【僕だけがいない街・ちはやふる・暗殺教室】

今年の春休み映画はマンガ原作の期待作が多い!「マネー・ショート」「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」「エヴェレスト 神々の山嶺」「アーロと少年」「家族はつらいよ」「リリーのすべて」「僕だけがいない街」「ちはやふる 上の句」「暗殺教室 卒業編」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

更新日: 2016年02月13日

take0518さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
149 お気に入り 246178 view
お気に入り追加

■マネー・ショート 華麗なる大逆転

05年、ニューヨーク。金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。

そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く計画を立てる。

そして08年、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れる。

映画『マネーボール』の原作者であり、マイケル・ルイスの著書「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」に基づく、世界経済を襲ったリーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人のアウトローたちの真実の物語。

ウォール街の巨大金融機関を敵に回す4人の型破りな金融マンに、クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットと、人気・実力ともに兼ね備えたハリウッドを代表する豪華キャストが集結。

PGAを獲得した作品はアカデミー作品賞を受賞する可能性が非常に高いです。理由は投票する人がかなり被っているから。

それだけ作品の質も評価されているということです。要注目!

プロデューサー組合(PGA)賞の劇場用映画賞に『マネー・ショート 華麗なる大逆転』が選ばれた。PGAの結果は、オスカー作品賞と重なることが非常に多いため、オスカー予測の上でとても重視されている。

2016年1月に発表されたアカデミー賞ノミネートで、作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞の4部門にノミネートされました。出演キャストが豪華なだけでなく、作品自体も高い評価を受けているということで、日本公開を前にして期待が高まります。

■映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

家でも学校でも叱られてばかりののび太は家出を決意。

ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出することを決めるが、今の時代、どこへ行っても所有者のない土地などなく、一同は行き場に困って途方に暮れる。

それならば、まだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、のび太たちは7万年前の日本へとやってくるが……。

1989年に公開された「のび太の日本誕生」は、シリーズ歴代1位の動員数420万人を誇る人気作。それが、装いも新たにスクリーンに登場します。

今回メガホンを取るのは、長年テレビシリーズを担当し、『新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』(2014年公開)でもメガホンを取った八鍬新之介氏。今回は脚本も担当します。

ドラえもんも一回りしたんだなと思わせてくれる原点回帰。

オリジナルが偉大すぎるので、それにどこまで迫れるか…期待がかかります。

家出を決心したのび太たち5人は、タイムマシンで、誰もいない7万年前の日本に行くことに。原始時代の日本で、自分たちだけのパラダイスを作り、たっぷり遊んだのび太たちは、いったん家に帰ることにしたが、なぜか現代で原始人のククルと出会う。

ククルの家族がいるヒカリ族は、精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われたという。ククルとともに原始時代に戻った5人は、ヒカリ族を救うため立ち上がる!史上最大の家出から、史上最大の冒険が始まる!!

■エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)

ヒマラヤ山脈を望むネパールの首都カトマンズで、山岳カメラマンの深町誠が発見した1台の古いカメラ。そのカメラは、イギリスの登山家ジョージ・マロリーが、1942年6月8日にエベレスト初登頂に成功したのか否かという、登山史上最大の謎を解く可能性を秘めたものだった。

カメラの過去を追う深町は、その過程で、かつて天才クライマーと呼ばれながらも、無謀で他人を顧みないやり方のために孤立した伝説のアルピニスト・羽生丈二と出会う。

深町は羽生の過去を調べるうちに、羽生という男の生きざまにいつしか飲み込まれていく。

世界最高峰に命を懸ける男たちを圧倒的スケールで描く“感動”の超大作、遂に始動!日本映画史上初となるエヴェレストでの撮影に本格派キャスト・スタッフが挑む!

野心家のカメラマン深町誠には、『永遠の0』やNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の演技で、名実ともに日本を代表する役者となった岡田准一。深町と対する羽生丈二に『テルマエ・ロマエ』シリーズや『ふしぎな岬の物語』などで、主演・助演問わず強烈な印象を残す阿部寛。

監督、俳優、撮影規模的にもかなりのスケール感を感じます。

原作は小説、漫画化もされているようです。岡田准一さん、阿部寛さん出演ということで期待が膨らみますね。

監督には、モントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞、日本アカデミー賞最優秀監督賞など数多くの賞を受賞した「愛を乞うひと」を始めとする数多くの名作・話題作を世に送り出してきた、平山秀幸。

カメラの行方を追う深町は、一人の男に辿り着く。孤高の天才クライマー、羽生。突然日本から姿を消して消息不明だった彼が、なぜカトマンドゥにいるのか…。羽生の目的に興味を持ち、その過去を調べるうち、深町は彼の生き様にのみ込まれていく。

■アーロと少年

巨大隕石の墜落による恐竜絶滅が起こらなかったらという仮説に基づき、恐竜が地上で唯一言葉を話す種族として存在している世界を舞台に、弱虫の恐竜アーロが、孤独な人間の少年スポットとの冒険を通して成長していく姿を描いたピクサー・アニメーション。

兄や姉に比べて体も小さく、甘えん坊の末っ子アーロは、何をするにも父親がいてくれないと始まらない。

そんなある日、アーロは川に落ちて激流に飲み込まれ、家族から遠く離れた見知らぬ土地へと流されてしまう。

ひとりぼっちの寂しさと不安にさいなまれるアーロは、そこで自分と同じ孤独な少年スポットと出会い、一緒にアーロの故郷を目指す冒険に出る。

ディズニー/ピクサーの最新作「アーロと少年」。「怖がってもいいんだ。一歩踏み出したとき、新しい世界が見える」が表す”恐怖を乗りこえること”は、同作のテーマのひとつ。

恐竜が絶滅しなかった地球を舞台に、弱虫でひとりぼっちの恐竜アーロと少年スポットが出会い、壮大な冒険の先に大切なものを見つけていく姿を描く感動のアドベンチャー・ファンタジー。

インサイドヘッドに続くピクサー最新作。珍しく、間を空けないでの上映となります。

恐竜をテーマ、ということで男の子向けでしょうか。相変わらずのクオリティの高さを見せつけてほしいです。

弱虫で、父親に甘えてばかりだったアーロは、激しい嵐で最愛の父親を亡くして、川に流されて見知らぬ土地で目覚める。そんな迷子のアーロを救ってくれたのは、人間の少年スポットだった。言葉も通じないのに、アーロを小さい体で一生懸命に守ってくれるスポット。

1 2 3





take0518さん

映画はアクション、サスペンススリラー、SFが特に好きだが、内容が良ければ何でも観ます。漫画で興味があるのは「NARUTO」「七つの大罪」「ワールドトリガー」。そしてかわいい子が大好きです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう